皆様、こんにちは「REGAL TOKYO」の大迫でございます。


革靴は、お履きになっていると時間の経過とともに馴染んできますが、特に「REGAL Built to order system」や「REGAL TOKYO ORIGINAL」等のグッドイヤーウエルト式製法は、「甲革の柔らかさ」や「中底の沈み込み」により、履き込む程に着用されるお客様の足に馴染んでいきます。しかしながら、時にはお選びいただいた靴の履き心地に、ややゆとりを感じる場合がございます。今回のREPORTは、そんな際に履き心地を調整する方法をご紹介したいと思います。

 

写真(紐の通し方:パラレル)

 

上の写真は、2018年春の「LAST#50スペシャル」パターンオーダー会で、私がオーダーしたUチップデザインの靴です。「ウォータープルーフレザー」と「スコッチグレインキップ」の組合せで天侯を選ばす履ける事や、路面を選ばず安心して履ける「リッジウェイソール」という事もあり、着用頻度が多い1足でした。着用と共に革は馴染みましたが、履き心地にややゆとりを感じるようになった為、履き心地の調整をしてみました。

 

写真(紐の通し方:オーヴァーラップ)

 

まずは紐の通し方。日頃は、弾力性に富んでいて、長時間の歩行でも疲れにくい「パラレル」という結びやすい紐の通し方をしていますが、スポーツシューズやワークシューズでよく使用される「オーヴァーラップ」という紐が緩みにくい通し方に変えました。

 

続いてソックス。履き心地にゆとりを感じた際は、ソックスの厚みを変えて履き心地の調整をすることをおススメします。上の写真は、大迫私物のソックスです。私は、靴の着用感やデザインによってソックスの厚みや柄を変えています。今回ご紹介した靴は、履き心地にややゆとりがあり、デザインが、カジュアルよりなので一番左側の厚手のカジュアルソックスを選んでみました。

 

紐の通し方とソックスの厚みを組み合わせて履き心地を調整した結果、「紐で足を押さえている」感じから「靴全体で足を支えている」履き心地となり、靴の中で足の収まりが安定し、快適な履き心地になりました。最近のカジュアルシューズのコーディネートは、太くて、短めのパンツスタイルがトレンドなので、足元から覗く柄を選ぶソックスコーディネートを楽しんでいます。

 

紐の通し方を変えるだけで履き心地が改善されたり、ソックスの厚みを替えた事で靴の中で足がずれにくくなる等、ひとつの方法だけでも変化を感じて頂ける場合もございます。「紐の通し方」についてはリーガルコーポレーションのホームページにある「靴の取説」もあわせてご参考になさって下さい。

 

 

【ご案内】
月一回ビスポーク工房の職人が店頭に立ち、お客様と直接お話しをさせて頂く機会を設けさせて頂いております。九分仕立てやビスポークについてのご相談もお受けいたしますのでお気軽にお立ち寄り下さい。9月の日程は、9月29日(日)を予定しております。
※なお、ビスポークシューズのご注文に際しましては、約1時間頂戴する為事前のご予約が必要となります。予めご了承下さい。

 

【定休日のお知らせ】
月曜日が定休日となっております。
8月は26日が定休日となります。
9月は2日、9日、30日が定休日となります。
※9月16日(月)、23日(月)は祝日の為、通常営業致します。
ご来店、ご連絡の際にはご注意頂きますよう、よろしくお願い致します。


※記載の商品スペック・価格等の情報は、掲載時点の情報です。

 

 

REGAL TOKYOのインスタグラムもご覧ください。

 

 

 

こんにちは「REGAL TOKYO」の門脇でございます。いつもブログをご覧いただき、誠にありがとうございます。8月に入ってから連日、日差しも強く暑い日が続いております。お盆休み期間中には、オーダーのご相談やREGAL TOKYO ORIGINALをご検討中のお客様に、ご来店いただきました。暑い中、当店へ足をお運びいただき、誠にありがとうございました。

 

さて、今週は、過日開催した「REGAL Built to order system」パターンオーダー会(以下PO会)でご注文を承った靴のお引渡しが完了しましたので、本日は、その中から拘りが詰まった靴を何点かご紹介させていただきます。

 

今回の春のオーダー会では、発色の綺麗なウェンハイムレダー社(独)のエンボスドカーフをおススメ素材としてご用意いたしました。注文を承った靴は、どれも春夏に映える仕上がりとなりました。細かな型押しが施してあるエンボスドカーフは、足あたりが柔らかくしなやかなので、履き馴染みやすいと思います。この革は、シミやキズが目立ちにくいので、メンテナンスしやすい素材です。

 

●ウェンハイムレダー社(独)エンボスドカーフ/ブルー

 

上の写真の靴は、パンチドキャップトウデザインを爪先デザインの変更で、親子穴を無くしてお作り頂きました。よりシンプルなデザインとなり、甲革の色や素材感が際立って見える1足になりました。

 

●CFステッド社(英) スエード/ベージュ

 

●アノネイ社(仏) タンドカーフ/ワイン

 

春のPO会では、春夏に着用機会が多いスリッポン系をお選びになる方が多くいらっしゃいますが、今回は、タッセルスリッポンのオーダーが目立ちました。お履きになる際のコーディネートやシチュエーションに合わせて、スエードやカーフなどの素材やカラーをお選びになっていました。

 

 

 ●デュプイ社(仏)サドルカーフ×国産手もみ革/ブラック

 

●国産手もみ革/ダークブラウン

 

PO会では、国産手もみ革が人気素材の1つです。上の写真のようにお好みのデザインで、単色やコンビネーションでお作りする事ができます。 私も手もみ革を使って何足か作っており、お気に入りの素材の一つです。お客様より「オンオフ兼用で・・・」靴を選んでいますというお話を最近よくお聞きしますが、この素材は、凹凸が目立ちにくくオンオフ兼用しやすい素材ではないでしょうか!? また、手もみ革なので足馴染みが良く、お手入れをするとクリームが馴染み、変化する風合いを楽しむこともできます。更に、鏡面仕上げを施しやすいところも人気の要因の一つではないでしょうか!?

 

 

PO会は、通常時には選べない甲革素材やカラーをご用意しております。 また、一部デザインの爪先デザイン変更や全てのデザインで甲革コンビネーションが選択可能ですので、PO会ならではの1足がお作りいただけます。 現在、秋のPO会に向けて、担当者と打ち合わせを重ねております。日程や革素材等決まりましたら、当REPORTでご案内する予定です。こんな仕様の靴が作れますか?こんなカラーや素材がありますか?など、お気軽にご相談下さいませ。今週も皆様のご来店をお待ちしております。

 

 


【ご案内】
毎月一回、ビスポーク工房の職人が店頭に立ちお客様と直接お話しをさせて頂く機会を設けさせて頂いております。 九分仕立てオーダーやビスポークについてのご相談もお受けいたしますのでお気軽にお立ち寄り下さい。8月は、8月18日(日)の予定です。
※なお、ビスポークシューズのご注文に際しましては、1時間程頂戴する為、事前のご予約が必要となります。予めご了承下さい。

 

【定休日のお知らせ】
月曜日が定休日となっております。  8月は、19日、26日がお休みです。
9月は、2日、9日、30日がお休みです。
9月16日、23日の月曜日は、祝日につき、通常営業いたします。
ご来店、ご連絡の際にはご注意頂きますようよろしくお願い致します。


※記載の商品スペック・価格等の情報は、掲載時点の情報です。

 

 

 

REGAL TOKYOのインスタグラムもご覧ください。

 

 

 

 

皆様、こんにちは「REGAL TOKYO」の大迫でございます。
7月19日(金)公開のREGAL TOKYO REPORTでご紹介しました「姫路黒桟革」でございますが、「ぜひ革の感じを見たい」と多くのお客様にご来店いただいております。革についての詳細は、先日掲載の当REPORTをご覧下さい。そして今回、この希少な革の色違いをご用意する事が出来ましたので、わずかな足数ではございますが「受注生産」という形でご注文を承ります。

 

限定受注生産としてご用意した色は「ネイビー」と「ダークブラウン」の2色です。限定足数販売の「ブラック」は「力強さと繊細さ」を感じさせてくれるのに対し、「ネイビー」と「ダークブラウン」は、細かな型押しと漆の重ね塗りにより生み出される革の表情が、どことなく「侘び寂び」を感じさせてくれます。そして今回の「限定受注生産」は、通常承っているREGAL TOKYOの各種オーダーや例年春と秋に開催しております「パターンオーダー会」と異なり、今回初めての試みとしてREGAL TOKYO ORIGINALシューズの仕様はそのままに、甲革の色選択でお作りすることができます。

 


革の豊かな表情をお伝えするのには、画像では限界があるのですが、店頭でご覧頂いたお客様からは「画像よりも時間を掛けてじっくりと現物を見ると非常に魅力的な革ですね。」とのお声を頂戴しております。「姫路黒桟革」と「レザーソールベンズ(栃木レザー製)」との組合せを弊社国内工場でお作りする「日本の革製品技術を集約した拘りの1足」をぜひ店頭でご覧下さい。

 

●REGAL TOKYO ORIGINAL(W984 姫路黒桟革仕様)
・デザイン:3アイレットプレーントウ(外羽根式)
・甲革:姫路黒桟革
・底材:レザーソール(栃木レザー製、ヤハズコバ仕上げ)+REGAL TOKYO耐久化粧ヒール
・色:ダークブラウン、ネイビー
・サイズ:23.5~28.0cm
・価格:108,000円(税込)
・受注足数:各色限定5足
・納期:ご注文日より約3ヵ月後にお渡し予定。

※製作状況により、お渡し予定が前後する場合がございます。


【ご案内】
月一回ビスポーク工房の職人が店頭に立ち、お客様と直接お話しをさせて頂く機会を設けさせて頂いております。九分仕立てやビスポークについてのご相談もお受けいたしますのでお気軽にお立ち寄り下さい。8月の日程は、8月18日(日)を予定しております。
※なお、ビスポークシューズのご注文に際しましては、約1時間頂戴する為事前のご予約が必要となります。予めご了承下さい。

 

 

【定休日のお知ら】
月曜日が定休日となっております。
8月は5日、19日、26日が定休日となります。
(なお、8月12日(月)は祝日の為通常営業致します。)
ご来店、ご連絡の際にはご注意頂きますよう、よろしくお願い致します。

 

 

※記載の商品スペック・価格等の情報は、掲載時点の情報です。

 

REGAL TOKYOのインスタグラムもご覧ください。

 

 

 

こんにちは「REGAL TOKYO」の門脇でございます。
いつもブログをご覧いただき、誠にありがとうございます。

 

REGAL TOKYOでは、6月から7月にかけて、春のパターンオーダー会(以下PO会)で承った靴が順次出来上がってまいりました。お客様が受け取りにご来店下さった際、PO会でお作りになられた靴を撮らせて頂きましたので、その中から何点かご紹介させて頂きます。

 

冒頭の写真は、甲革に手もみ革のダークブラウンとサドルカーフのブラウンのコンビでお作りしたショートウイングチップです。出来上がりの靴を履いて頂くとパンツとの相性も良く、とてもお似合いでした。お選びいただいた2種類の革は、お手入れを施しながら履いていくと、革に艶と深みが増していきますので、履きこんでいくとどんな風になるのか楽しみですね。

 

 

続いてご紹介する靴は、グレージングキップのライトブラウンでお作りになられたショートウイングチップです。ブラウン系の中でも黄色味のある革は、種類が少ないのですが、最近お選びになる方が増えております。革の表面が滑らかなグレージングキップは、鏡面仕上げを施すと、とても綺麗な光沢がでます。他にも同様の色味の革には、型押し素材もあります。

 

 

続いての靴は、オイルレザーのブラウンでお作りになられたUチップです。こちらの甲革は、春のPO会で初お目見えし、いち押し素材だった仏製のオイルレザーです。工場の仕上げ工程では、革の質感を生かして無色で仕上げいるので、Uチップの栽断面が白くなっております。お渡しの際、「モカの栽断面を革の色に合わせて塗りますか」と伺うと、「これはこれで面白いので暫くこのままで履いてみます。」とのお話しでした。とても滑らかな革質で、クリームも浸透しやすいので、お手入れを施していくと、雰囲気も変わります。こちらの靴をお作りになられたお客様は、ご来店の際、オーダーしていただいた靴を履いてお越しくださいますので、どんな風に変化していくのか楽しみです。

 

 

続いては、甲革を型押しのワインでお作りになられたサドルシューズです。こちらのお客様は、サドルシューズがお好きで、過去に何足かオーダーを頂いております。今回は、どうしようかと事前にご相談しにご来店いただきました。革のコンビをどんな組み合わせにするかお悩みでしたので、「今までお作りしてきた靴は、全て甲革コンビ仕様でしたので、1種類の甲革でお作りしてみてはいかがですか?」とご提案させていただきました。ご検討の末、甲革コンビ仕様ではなく型押しのワイン色でお作りになられました。最近のPO会では、甲革を型押し素材でオーダーされる方が増えております。こちらのワイン色は、春のパターンオーダー会より追加になったカラーです。

 

 

最後にご紹介する靴は、タンドカーフのグレーとキップのホワイトのコンビでお作りになられたロングウイングチップです。こちらのお客様は、いつもPO会では革選びに悩みながらご来店くださいますが、私もお客様がどんな革でお作りになられるのか、いつも楽しみにしております。今回のオーダーでお作りになられたタンドカーフ素材は、クリーム仕上げを施していくと革の色味に深みが増し、革の濃淡を楽しめる素材です。受け取りにご来店して頂いた時の装いとオーダーして頂いた靴のコーディネイトが、とてもお似合いでしたので、お願いして写真を撮らせていただきました。

 

オーダーしていただいたお客様が、今回お作りした靴をどのようなシーンで、どのようなコーディネイトでお履きになられるのか、とても興味深いです。オーダーシューズは、出来上がった靴にお手入れを施しながら、履き込んでいくうちに甲革の雰囲気が増し、さらに履きしわが入ることでお客様好みに段々と仕上がっていくのではないでしょうか!?靴を自分好みの特別な1足に育てていく感じがいいですよね。

 

今回は、実際にお履きになっている写真をご紹介させていただきました。写真撮影にご協力いただきましたお客様へこの場をお借りして感謝申し上げます。

 

梅雨が明けて暑い日が続きますが、お近くにお越しの際は、涼みにお気軽にお立ち寄り下さいませ。皆様がオーダーされた靴をお履きになってご来店下さるのを楽しみにしております。またのご来店をお待ちしております。

 


【ご案内】
毎月一回、ビスポーク工房の職人が店頭に立ち、お客様と直接お話しをさせて頂く機会を設けさせて頂いております。九分仕立てオーダーやビスポークについてのご相談もお受けいたしますのでお気軽にお立ち寄り下さい。8月は、8月18日(日)の予定です。
※なお、ビスポークシューズのご注文に際しましては、1時間程頂戴する為、事前のご予約が必要となります。予めご了承下さい。

 

【定休日のお知らせ】
月曜日が定休日となっております。 
8月は、5日、19日、26日がお休みです。
8月12日の月曜日は、祝日につき、通常営業いたします。
ご来店、ご連絡の際にはご注意頂きますようよろしくお願い致します。

 

 

 

REGAL TOKYOのインスタグラムもご覧ください。

 

 

 

 

皆様、こんにちは「REGAL TOKYO」の大迫でございます。
先週のREPORTでご紹介した「姫路黒桟革」と並び、希少な革といえば、「コードヴァン」もその一つです。アメリカらしい靴の代名詞的な素材の一つではないでしょうか。当店では「REGAL Built to order system」(以下BOS)でコードヴァン素材とドレスデザインの組合せについてのご相談やご注文が増えています。今回は、ご注文頂いた靴の一例をご紹介いたします。

 

・ストレートチップメダリオン内羽根式(ブラック)

 

・ストレートチップ外羽根式(ネイビー)

 

・タッセル(ワイン)

 

・モンクストラップ(タン)

 

・ストレートチップ内羽根式(カーキ)

 


コードヴァン素材は、穴飾りの大きさや革の栽断面による立体感、水染めならではのクリアな色合いによる透明感と迫力。それらを併せ持った「唯一無二の革」として、「革の宝石」と表現されるのも納得出来ますね。既製品では目にする機会が少ない「ドレススタイル」と「コードヴァン素材」の組み合わせをお選びいただけるのもパターンオーダー「BOS」の魅力の一つではないでしょうか。今回のREGAL TOKYO REPORTが、コードヴァン素材で靴のオーダーをご検討されているお客様のご参考になりましたら幸いです。

 

 

●REGAL Built to order system 
・素材   :コードヴァン(水染め)
・展開色  :ブラック、ネイビー、ワイン、タン、カーキ
・価格   :¥108,000(税込)~

 

※ワイン・タン・カーキにつきましては、透明感のある「水染め」仕上げによる独特なムラ感が特徴の為、完成品は、色合いの濃淡がございます。
※ローファー・タッセル・ウイングタッセルのスリップオン3デザイン、Uチップデザイン、アメリカンタイプのプレーントウ・ウイングチップ2デザインのEBサイズ(27.5cm、28.0㎝)は、注文を承ることができません。予めご了承下さい。
※ご注文から約60日後に完成、お引き渡しとなります。承り状況によりお引き渡し予定が前後する場合がございます。

 

 

【ご案内】
月一回ビスポーク工房の職人が店頭に立ち、お客様と直接お話しをさせて頂く機会を設けさせて頂いております。九分仕立てやビスポークについてのご相談もお受けいたしますのでお気軽にお立ち寄り下さい。7月の日程は、7月28日(日)を予定しております。
※なお、ビスポークシューズのご注文に際しましては、約1時間頂戴する為事前のご予約が必要となります。予めご了承下さい。

 

 

【定休日のお知らせ】
月曜日が定休日となっております。
7月は、29日が定休日となります。
8月は、5日、19日、26日が定休日となります。
※なお、8月12日(月)は祝日の為通常営業となります。
ご来店、ご連絡の際にはご注意頂きますよう、よろしくお願い致します。

 

 

REGAL TOKYOのインスタグラムもご覧ください。

 

 

 

『姫路黒桟革』

July 19 2019

こんにちは「REGAL TOKYO」の門脇でございます。
今月になって、雨模様が続き、気分が上がらない嫌な日が続いております。 雨用に履いている靴をいくつか履きまわしていますが、これだけ雨の日が続くと、「もう1足買い足した方がいいかも」と考えてしまう程です。お客様からのご相談も雨用の靴についてのお話しが増えております。

 

 

さて、本日は、REGAL TOKYO ORIGINALの新商品が入荷致しましたので、ご紹介させて頂きます。甲革に、国産で希少性が高い『姫路黒桟革』を使用したモデルが入荷いたしました。

姫路黒桟革とは、国産黒毛和牛を使用して日本古来の伝統技法である『なめしの技術』と『漆塗りの技術』を融合させた物です。『革の黒ダイヤ』の異名を取り、まるで小さなダイヤの粒を無数に散りばめたように美しい表面感を持っています。また、摩擦に強く、現在では剣道の胴胸などの武道具に使われ、戦国時代には、大将クラスの甲冑に使われていたと言われる代物です。

 

革の処方は、なめしから加工までを一貫して製造しています。まず黒毛和牛の原皮を脱毛、その後、白くなめし「渋」を浸透させます。次に液状の鉄を浸透させます。液自体は黒くありませんが、渋と鉄が化学反応を起こす事で、茶色の牛革が黒くなっていきます。

 

革の表面に出来る自然なシボに手作業で漆を施し、乾燥と塗りを繰り返します。幾層にも塗り重ねることで漆の光沢とボリューム感が生まれ、黒の艶 に深みが増します。こうした手間をかけて完成した黒桟革は数少なく、専門の職人でもわずかしか作れない大変希少な革です。

 

REGAL TOKYOへご来店いただいたことのあるお客様の中には、「あの靴と同じ木型では!」と気が付いた方もいるのではないでしょうか。この靴は、REGAL TOKYO ORIGINALの3アイレットプレーントウ(W984カーフモデル)と同じ木型を採用しました。今回靴について担当デザイナーに尋ねると、定評のある木型、革の良さを感じられるシンプルなデザイン、コーディネートしやすさなど、「黒桟革」に相応しい仕様を吟味して決めたとのことでした。

 

W984のカーフモデルと並べてみると、いくつか仕様の違う箇所がありますが、おわかりになりますでしょうか!?黒桟革モデルは、ライニングがブラック、ソールがカラス仕上げとなっております。そして、靴底のコバがヤハズ仕上げになっており、底が少し薄く見えてエレガントな仕上がりになっています。底材はカーフモデルと同様に、栃木レザーベンズとREGAL TOKYO耐久ヒール仕様となっています。

 

この黒桟革モデルの展開色は、ブラックのみで、甲革に限りがあり足数限定でございます。ぜひ、店頭で手に取って革の質感や仕上がりをご覧下さいませ。今週も皆様のご来店をお待ちしております。

 

 


●REGAL TOKYO ORIGINAL 【W984 黒桟革仕様】
・甲革:黒桟革(国産)
・色:ブラックのみ
・底仕様:レザーソール(栃木レザー製)+REGAL TOKYO耐久化粧
・サイズ:23.5~27.0cm
・価格:¥108,000(税込)

 

 

 

【ご案内】
毎月一回、ビスポーク工房の職人が店頭に立ち、お客様と直接お話しをさせて頂く機会を設けさせて頂いております。 九分仕立てオーダーやビスポークについてのご相談もお受けいたしますのでお気軽にお立ち寄り下さい。7月は、7月28日(日)の予定です。
※なお、ビスポークシューズのご注文に際しましては、1時間程頂戴する為、事前のご予約が必要となります。予めご了承下さい。

 

【定休日のお知らせ】
月曜日が定休日となっております。 
7月は、22日、29日がお休みです。8月は、5日、19日、26日がお休みです。
8月12日の月曜日は、祝日につき、通常営業いたします。
ご来店、ご連絡の際にはご注意頂きますようよろしくお願い致します。

 

 

REGAL TOKYOのインスタグラムもご覧ください。

 

 

 

皆様、こんにちは「REGAL TOKYO」の大迫でございます。
REGAL TOKYO ORIGINALシューズのラインナップは、展開しているデザイン毎に、素材や木型、仕様に至る細部に拘った商品をご用意しております。その品揃えを見てみるとちょっとしたストーリーや繋がりが見えてきます。今回は「Uチップ」デザインを例にとって、ご紹介いたします。

 

 

●REGAL TOKYO ORIGINAL【W518 BH】
甲革素材:キップ(国産)
展開色:ブラック・ブラウン
底材:ダイナイトソール(シングルソール)
製法:グッドイヤーウエルト式製法
価格:¥34,560(税込)

 

まずご紹介するのは、2010年にデビュー以来、現在に至るまでロングセラーとなっている【W518 BH】。過去の「REGAL TOKYO REPORT」でも幾度となく取り上げてきた人気の商品です。端正な顔立ちのUチップでタイドアップしたコーディネイトに対応出来る1足です。

 

●REGAL TOKYO ORIGINAL【W558 CC】
甲革素材:牛革(米)
展開色:ブラック・ダークブラウン・ベージュ・ネイビー
製法:リバースウエルト式製法
底材:リッジウェイソール
価格:¥41,040(税込)

 

次にご紹介するのは、靴の仕様・機能・コーディネイトを【W518 BH】とは違う視点から開発された【W558 CC】。現在ではREGAL TOKYO ORIGINALシューズの代表的なモデルへと成長しました。使用木型の「LAST#50」は、この木型だけのパターンオーダー会が開かれるようにもなり、こちらの商品を見せて欲しいというお客様が毎週のようにご来店下さります。

 

●REGAL TOKYO ORIGINAL【W193 DJ】
甲革素材:国産手揉み革、スウェード(英)
展開色:ブラック・ダークブラウン(手揉み革)、ダークブラウンスウェード
製法:グッドイヤーウエルト式製法
底材:ダイナイトソール(ダブルソール)
価格:¥43,200(税込)

 

最後にご紹介するのは、ドレススタイルの【W518 BH】とカジュアルでタフな【W558 CC】との中間に位置づけられ、パターンオーダー会の定番素材として人気の高い「手揉み革」等を採用した【W193 DJ】。こちらの商品は、「幅広い着こなし」や「路面環境を選ばないソール」といったお客様からのご要望を組み合わせて商品化した1足で、お客様の声がなければ、誕生しなかった商品です。

 


ここでご紹介した「Uチップ」のラインナップは、同じデザインでも、仕様を変えて違う視点から商品化したもの、お客様からの意見を基に商品化してラインナップに加わったもの等、それぞれにストーリーがあり、繋がりを持った品揃えになっております。今回ご紹介した商品以外にも「REGAL Built to order system」と関連性のある商品や「工房職人の九分仕立て」を基に考えられた商品等、色々な繋がりを持った商品をご用意しております。REGAL TOKYO ORIGINALシューズに込められた拘りを是非店頭でご覧ください。


※只今、REGAL TOKYO ORIGINAL商品の中で、入荷終了に伴いサイズ・在庫が少量となりました商品を割引価格にて販売しております。ご購入を検討されていた商品がその対象になっている場合もございますので、お時間がございましたら、ぜひお立ち寄り下さい。
※色・サイズ・足数には限りがございますので、予めご了承ください。


【ご案内】
月一回ビスポーク工房の職人が店頭に立ち、お客様と直接お話しをさせて頂く機会を設けさせて頂いております。九分仕立てやビスポークについてのご相談もお受けいたしますのでお気軽にお立ち寄り下さい。7月の日程は、7月28日(日)を予定しております。
※なお、ビスポークシューズのご注文に際しましては、約1時間頂戴する為事前のご予約が必要となります。予めご了承ください。

 

【定休日のお知らせ】
月曜日が定休日となっております。
7月は22日、29日が定休日となります。
なお、7月15日(月)は祝日の為通常営業致します。
ご来店、ご連絡の際にはご注意頂きますよう、よろしくお願い致します。

 

 

REGAL TOKYOのインスタグラムもご覧ください。

 

 

 

皆様、こんにちは。「REGAL TOKYO」の大迫でございます。
あるアンケートで「好きな靴のデザイン」を集計したところ、1位の「ストレートチップ」と2位の「プレーントウ」が圧倒的だったそうです。いずれも基本の一足、シンプルなデザインとして人気の高さが伺えます。プレーントウデザインの靴には、様々な種類があります。今回は、REGAL TOKYO ORIGINALとして展開しているプレーントウを3種類ご紹介いたします。

 

●REGAL TOKYO ORIGINAL 【W188 DJ】
甲革素材:キップ
展開色:ブラック、ワイン
製法:グッドイヤーウエルト式製法
底材:レザーソール+ハーフプロテクターヒール
価格:¥43,200(税込)

 

REGALのプレーントウと言うとまず思い浮かばれるのは、こちらのタイプの様なプレーントウではないでしょうか。光沢感のある甲革やがっしりとした底回り、ふっくらとボリューム感のある木型が特徴です。外羽根式のプレーントウで当店で人気の高い一足です。

 

 

 

●REGAL TOKYO ORIGINAL 【W937 CE】
甲革素材:カーフ(伊)、スエード(英)
展開色:ブラック、ダークブラウン、ダークブラウンスエード
製法:グッドイヤーウエルト式製法
底材:レザーソール(爪先ゴム仕様)+REGAL TOKYO耐久化粧ヒール
価格:¥41,040(税込)

 

最近見かける機会が多くなったプレーントウのデザインが、上の写真のような羽根が小さめのタイプです。紐を緩めると履き口が大きく拡がりやすい為、足の甲が高く、靴選びでお悩みのお客様にも履きやすいでデザインです。羽根の見た目から「Yフロント」や「Vフロント」と呼ばれたりもします。

 

 


●REGAL TOKYO ORIGINAL 【W14R DC】
甲革素材:キップ(グレージング仕上げ)
展開色:ブラック
製法:グッドイヤーウエルト式製法
底材:レザーソール(ハーフミッドソール)+REGAL TOKYO耐久化粧ヒール
価格:¥46,440(税込)

 

フォーマルな場面で着用される機会も多い、内羽根式のプレーントウ。ご紹介するのは、「カラス仕上げ」と呼ばれるソールカラー、ライニングを黒で統一し、引き締まった表情の1足。ソールもハーフミッド仕様なので地面からの突き上げ感を軽減する機能的な面にも拘りました。

 

 


今回ご紹介した靴を並べてみました。右から靴の存在感がアクセントになる【W188 DJ】、キリっとしたシルエットの【W937 CE】、そして足元が引き締まる【W14R DC】と、3種類のプレーントウが揃うと幅広いコーディネイトがお楽しみ頂けるのではないでしょうか!?

 

 

●レザーソールコンディショナー【TY64】
価格:¥1,728(税込)

 

今回ご紹介のプレーントウはいずれも底材がレザーソールになっております。濡れた路面などで底材が水に滲みてしまった場合は、こちらを使ってお手入れしてください。使い方は、ホコリや汚れを落とした状態で、しっかりと乾かした後、こちらのコンディショナーを塗り込みます。そうすることで失われた油分や水分を補い、底材のしなやかさ、耐久性を取り戻すことができます。

 

 


一つ一つのパーツが大きく、履きこむ程に革の表情が豊かになるプレーントウ。お客様より、実は持っていなかったデザインの靴だったという声も聞かれます。ぜひ店頭で様々なタイプのプレーントウをご覧下さい。また、靴のお手入れや修理、サイズ選びといったご相談も承っておりますのでお気軽にお問い合わせ下さい。

 

 

 


【ご案内】
月一回ビスポーク工房の職人が店頭に立ちお客様と直接お話しをさせて頂く機会を設けさせて頂いております。九分仕立てやビスポークについてのご相談もお受けいたしますのでお気軽にお立ち寄り下さい。6月の日程は、6月30日(日)を予定しております。
※なお、ビスポークシューズのご注文に際しましては、約1時間頂戴する為事前のご予約が必要となります。予めご了承下さい。

 

 

【定休日のお知らせ】
月曜日が定休日となっております。
6月は17日、24日が定休日となります。
ご来店、ご連絡の際にはご注意頂きますよう、よろしくお願い致します。

 

 

 

REGAL TOKYOのインスタグラムもご覧ください。

 

 

 

 

こんにちは「REGAL TOKYO」の門脇でございます。
春になると、湿気の無い心地よい爽やかな風を感じられ、「こんな天気が長く続けばなぁ・・・」と毎年思うのですが、あっという間に月日は過ぎ、先月末には、お店前の紫陽花が咲き、梅雨が近づいている事を感じました。梅雨時期は、普段革底を愛用している方も、ラバーソールの出番が増えると思います。今回は、REGAL TOKYO ORIGINALで取り扱っているラバーソール仕様のモデルの中で、これからの梅雨時期におススメのゴアテックスフットウェアをご紹介いたします。

 

 

ゴアテックスフットウェアは、一見すると通常のビジネスシューズですが、防水耐久性、透湿性で定評のあるGORE-TEXファブリックスを搭載しているモデルです。甲革からは水を侵入させず、水蒸気になった汗を発散させる機能が特徴です。上の写真左の様な形状のGORE-TEXファブリックスが靴内部に搭載されています。その為、雨の日でも足を濡らす事が無く、また靴内の湿気を放出する為、蒸れにくく快適に履いていただけます。

 

●REGAL TOKYO ORIGINAL 【W181、W182】
・色:ブラックのみ
・サイズ:23.0~27.0㎝
・価格:¥37,800(税込)

 

REGAL TOKYOでお取り扱いしているゴアテックスフットウェアは、2タイプの木型があります。1つは、上の写真のストレートチップとダブルモンクストラップです。履いてみると、足当たりの柔らかい甲革で馴染みもよい靴です。シャープな見た目のつま先デザインですが、見た目以上にゆったりしていて足囲が広めの方にもおススメです。

 

●REGAL TOKYO ORIGINAL 【W16R】
・色:ブラック、ブラウン
・サイズ:23.0~27.0㎝
・価格:¥37,800(税込)

 

もう1つが、昨年デビューしたホールカットのモデルです。ブラックは、スーツやフォーマルシーンにも似合うドレス感があり、ムラ感のあるブラウンは、クールビズやカジュアルの装いにお似合いではないでしょうか。この靴は、1枚革で作られたシンプルなホールカットデザインとGORE-TEXファブリクスの機能を合わせた仕様で好評いただいている商品です。

 

ご紹介した2つのゴアテックスフットウェアの甲革は、撥水加工を施した国産レザーを採用しています。お手入れは、乳化性クリームをお使いください。また経過とともに甲革の撥水効果は薄れてきますので、撥水効果を持続させるためにも定期的にウォータプルーフスプレーをご利用いただく事をおススメいたします。

 

こちらの2モデルの底材には、路面をしっかりとらえるグリップ力があり、滑りにくいREGALオリジナルラバーソール採用しています。また、グッドイヤーウェルト式製法を採用しており、修理が可能なのもおススメのポイントです。※ゴアテックスフットウェアの修理は、ヒール交換とオールソールが1回のみ可能です。

 

私も以前よりゴアテックスフットウェアを愛用していますが、大雨の中でも靴の中に水が浸み込むことはありませんでしたので、雨の日に歩くことが多いお仕事の方には、とてもおススメです。梅雨時期には、着用する頻度が高く重宝しました。連日履くことも多かったので、着用後は、シューキーパーやシュードライを使って型崩れを防止し、しっかり靴内部を乾燥させることで、より快適に履くことができました。

 

当店では、ゴアテックスフットウェアの他にも雨の日におススメのシューズをご用意しております。今週末は、雨模様となりそうです。本格的な梅雨シーズンの前に、当店で実際にお手に取られて、雨用の靴の購入をご検討されてみてはいかがでしょうか!? 今週も皆様のご来店をお待ちしております。

 

 


【ご案内】
毎月一回、ビスポーク工房の職人が店頭に立ちお客様と直接お話しをさせて頂く機会を設けさせて頂いております。九分仕立てオーダーやビスポークについてのご相談もお受けいたしますのでお気軽にお立ち寄り下さい。6月は、6月30日(日)の予定です。
※なお、ビスポークシューズのご注文に際しましては、1時間程頂戴する為、事前のご予約が必要となります。予めご了承下さい。

 

【定休日のお知らせ】
月曜日が定休日となっております。 
6月は、10日、17日、24日がお休みです。
ご来店、ご連絡の際にはご注意頂きますようよろしくお願い致します。

 

 

 

REGAL TOKYOのインスタグラムもご覧ください。

 

 

 

 

  • REGAL SHOES
  • REGAL CORPORATION

backnumber