こんにちは「REGAL TOKYO」の門脇です。
REGAL TOKYOでは、春のパターンオーダー会のラストとなる第三弾の「工房職人の九分仕立て」パターンオーダー会(以下PO会)を、本日より開催いたします。

 

製造工程の九割を工房職人がハンドメイドで丁寧に仕立てる「工房職人の九分仕立て」は、返りの良いハンドソーンウェルテッド製法やフィッティングの微調整を木型から行うやなど、最も履き心地に拘ったパターンオーダーです。既成靴にはないハンドメイドならではの1足がお作り頂けます。

先日のREPORTでご紹介しましたが、今回は、ワンピースデザインの「ホールカット」をPO会限定でお作りいただけます。ホールカットは、シンプルなデザインですが、革を贅沢に1枚仕立てで作る事によって、その革の風合いや質感の良さを一番感じられるデザインだと思います。またホールカットは、ハンドラスティングならではの木型なりの綺麗なディテールを最も出せるデザインで、ビスポークのオーダーでも要望の多いデザインです。※デザインオプション料金:¥16,200(税込)

 

今回のPO会でお作りいただける甲革の中では、特にアノネイ社(仏)のグリーンがオススメです。革靴のグリーンと言うとあまり見かけませんが、見本の靴を見ると、とっても深みのある色味で、パンツやソックスに合わせやすい色だと思いました。そして日差しが当たるとグリーンの発色が増して見える所が、この革の味や良さで、とても興味深い革です。甲革素材はこの他にも工房ストックの中から厳選して数種類を足数限定でご用意しました。

「工房職人の九分仕立て」パターンオーダーは、木型がメンズ2種類、レディス1種類ございます。メンズの1つは、流行に左右されないクラシックな木型の「272型」で、「ホールカット」はこちらの木型になります。つま先デザインをラウンドトウとスクエアトウの2タイプからお作りいただけます。

 

 

そしてメンズのもう一つは、やや細身でシャープなつま先が特徴のチゼルトウの「193型」です。「工房職人の九分仕立て」はこの木型から始まりました。ハンドラスティングならではのエッジのきいたつま先がとてもエレガントに見えて、ファンが多い木型になります。

 

 

レディスはメンズよりもややノーズが短くやや華奢な木型の「329型」です。メンズ同様に足にフィットする履き心地が堪能できます。それでは、ここで過去にお作りいただいた靴の中からいくつかご紹介させていただきます。

 

●木型:272型スクエアトウ(メンズ)  甲革:アノネイ(仏) カーキ

 

●木型:272型ラウンドトウ(メンズ) 甲革:シャラダ(伊) グレー

 

●木型:193型(メンズ) 甲革:ピボディ(伊) ワイン

 

●木型:329型(レディス) 甲革:アノネイ(仏)×ステッド(英) ネイビー×ネイビー

 

この機会に、ハンドメイドならではの作りと履き心地をご堪能いただきたいです。「工房職人の九分仕立て」PO会は、4月28日(日)まで開催しております。開催期間中の20日(土)、21日(日)、27日(土)、28日(日)は工房職人が店頭にて、お客様のお相手をさせていただきますので、靴談義を楽しみながらご注文をお楽しみくださいませ。スタッフ一同、皆様のご来店をお待ちしております。


【「工房職人の九分仕立て」パターンオーダー会のお知らせ】
開催期間 :2019年4月19日(金)~4月28日(日)
基本価格 : メンズ¥129,600(税込)~ 、レディス¥113,400(税込)~
お渡し予定:  2019年9月中旬~


【価格改定のお知らせ】
先日、当REPORTにて、ご案内させていただきましたが、昨今の原材料の高騰を受け、弊社商品に使用する各種原材料に関しても値上げが続いており、品質を維持しつつ内部努力のみでこれを吸収するのは困難という状況に至りました。何とぞ、ご了承のほどお願い申し上げます。2019年5月1日(水)オーダー分より「工房職人の九分仕立て」のメーカー希望小売価格を下記の通り改定させていただきます。

 

メンズ  : 旧価格 ¥129,600(税込)~ → 新価格 ¥151,200(税込)~
レディス : 旧価格 ¥113,400(税込)~ → 新価格 ¥129,600(税込)~

 

※価格改定に伴い、下記オプションが基本価格内で選択可能になります。
デザイン :Uチップ、チャッカーブーツ
甲革    :ボックスカーフ(黒)
その他  :木型調整(幅/甲部分の調整、木型を細くすることはできません。)


【ご案内】
毎月一回、ビスポーク工房の職人が店頭に立ちお客様と直接お話しをさせて頂く機会を設けさせて頂いております。九分仕立てオーダーやビスポークについてのご相談もお受けいたしますのでお気軽にお立ち寄り下さい。4月は、4月28日(日)の予定です。
※なお、ビスポークシューズのご注文に際しましては、1時間程頂戴する為、事前のご予約が必要となります。予めご了承下さい。

 

【定休日のお知らせ】
月曜日が定休日となっております。 
4月22日(月)は、「工房職人の九分仕立て」PO会期間中につき、通常営業いたします。
4月29日、5月6日の月曜日は、祝日につき、通常営業いたします。
5月は、13日、20日、27日がお休みです。

ご来店、ご連絡の際にはご注意頂きますようよろしくお願い致します。

 

 

REGAL TOKYOのインスタグラムもご覧ください。

 

 

 

皆様、こんにちは。「REGAL TOKYO」の大迫でございます。


4月もすでに10日余り経ちましたが、生活や職場の環境に変化があった方もようやく日常に慣れてきたのではないでしょうか?

3月最後のREGAL TOKYO REPORTでは「軽やかな足元」をテーマにスニーカーテイストでスポーティーなREGAL TOKYO ORIGINALシューズをご紹介いたしましたが、今回は「その2」と題しましてもう少し季節を意識した靴をご紹介致します。

 

●REGAL TOKYO ORIGINAL 【W13R DJ】
甲革(展開色):タンドキップ(BR・NAVY)、型押しキップ(WHIT)
製法:グッドイヤーウエルト式製法
底材:ダイナイトソール
価格:¥43,200(税込)

 

 

朝の寒さからようやく開放され、日中は上着を脱いで過ごせる日も増えて参りました。今週は天侯の変化も大きく、寒の戻りもありましたが、徐々に過ごしやすい気候になってきました。そんな春らしくなってきた季節の足元に「タッセルスリッポン」をコーディネイトしてみてはいかがでしょうか!?

 

季節を意識した靴とご紹介したのはその展開色と靴の仕様にあります。

展開色のネイビーとブラウンは、当REPORTでご紹介致したREGAL TOKYO ORIGINALシューズ【W541 CE】と同じく、「REGAL Built to order system」パターンオーダーでお作りいただける「タンドキップ」を使用しております。

上品な色合いなのでミディアムからライトグレーのスラックスにも相性が良さそうですね。

 

もう一色のホワイトも「キップ」を使用しておりますが、型押し加工を施しているので、よりソフトな足当たりとなっております。薄手のソックスやフットカバーでも履きやすいのではないでしょうか。履きおろした時の「輝くような白さ」が時を経る毎に「やわらかな白さ」へと変化して、雰囲気が増していきます。

 

各色いずれも履き口廻りの通し紐が編み込みになっているのがさりげない個性となっております。製法はグッドイヤーウエルト式製法で、足の収まりを良くする為、ぴったりとした履き心地です。

 

厚手の服装、重ね着からようやく開放される季節になりました。そして新生活で緊張が続いた方もようやく一息つけるのではないでしょうか。

アクティブで活動的に過ごす方、そしてリラックスしてゆったりとした時間を過ごす方も「軽やかな足元」を演出する一足をぜひREGAL TOKYOでご覧下さい。

それでは今週も皆様のご来店をお待ち申し上げております。

 

【ご案内】
月一回ビスポーク工房の職人が店頭に立ち、お客様と直接お話しをさせて頂く機会を設けさせて頂いております。九分仕立てやビスポークについてのご相談もお受けいたしますのでお気軽にお立ち寄り下さい。

4月の日程は、4月28日(日)を予定しております。
※なお、ビスポークシューズのご注文に際しましては、約1時間頂戴する為事前のご予約が必要となります。予めご了承下さい。

 

【定休日のお知らせ】
月曜日が定休日となっております。
4月は15日が定休日となります。
※4月22日(月)は「春のパターンオーダー会」開催期間中につき通常営業致します。
また。4月29日(月)は祝日の為通常営業致します。
ご来店、ご連絡の際にはご注意頂きますよう、よろしくお願い致します。

 

 

こんにちは「REGAL TOKYO」の門脇です。
今年の4月1日(月)は、定休日でしたので新元号の発表を自宅のテレビで見ていました。あと1ヶ月程で「平成」が終わり「令和」が始まる歴史の分岐なんだと感慨深く見ていました。新たな気持ちでより一層、仕事にプライベートに充実した生活をおくりたいと思います。

 

さて、REGAL TOKYOでは、完売していました「コードヴァン」素材のREGAL TOKYO オリジナルベルトが新たに入荷しましたので、ご紹介いたします。

●REGAL TOKYO オリジナルベルト
甲革  :コードヴァン
カラー :ブラック、ワイン
ベルト幅:30mm
サイズ :80cm、85cm、90cm
価格  :¥18,360(税込)

 

以前よりお客様からコードヴァンベルトの生産要望をいただいておりましたが、革の中でも希少性の高いコードヴァン素材なので、思うような革が揃わず、中々ご用意することができませんでした。今年になり、質の良い革を手配することができ、今回のご紹介に至りました。カラーは、ブラックとワインの2色、バックルは革の質感に合わせて新たに手配したものと組み合わせました。コードヴァン特有の艶としっかりとした革の質感で素晴らしい仕上がりになりました。

 

●コードヴァンシリーズ ¥99,360(税込)

 

ベルトは、靴の色と素材に合わせてお選びいただく事をオススメしています。REGAL TOKYO ORIGINALのコードヴァンシリーズのブラック、ワインとの相性は抜群です。また、コードヴァンで作ったパターンオーダーの靴にもオススメです。 

 

  
そして、4月19日(金)から春のパターンオーダー会(以下PO会)第三弾「工房職人の九分仕立て」PO会を開催いたします。今回のPO会では、「ホールカット」を限定デザインとしてお作りいただけます。(※メンズのみ)PO会用のデザイン/素材見本として、限定デザインのホールカットに、新たに用意したアノネイ社(仏)のグリーン色のカーフ素材を組み合わせて作りました。革サンプルを見た時から仕上がりが楽しみな素材でしたが、深みのあるグリーンとホールカットのデザインが相まって、格好良い仕上がりになりました。店頭に見本をご用意しておりますので実際に手に取って見て頂きたい1足です。

 

今週は肌寒い日が続いていましたが、週末は天気も良く、気温も高くなる予報です。桜もまだ咲いているようですし、お出かけ日和ではないでしょうか!? 新しい生活が始まった方もいらっしゃると思います、新しい靴、シューケア用品、修理靴など必要なものがございましたら、REGAL TOKYOへお立ち寄り頂ければ幸いです。今週も皆様のご来店をお待ちしております。

 


【ご案内】
毎月一回、ビスポーク工房の職人が店頭に立ちお客様と直接お話しをさせて頂く機会を設けさせて頂いております。 九分仕立てオーダーやビスポークについてのご相談もお受けいたしますのでお気軽にお立ち寄り下さい。4月は、4月28日(日)の予定です。
※なお、ビスポークシューズのご注文に際しましては、1時間程頂戴する為、事前のご予約が必要となります。予めご了承下さい。

※定休日のお知らせです。
月曜日が定休日となっております。  4月は、8日、15日がお休みです。
(4月22日(月)は、工房職人の九分仕立てオーダー会期間中につき、通常営業いたします。)
(4月29日(月)は、祝日につき、通常営業いたします。)
ご来店、ご連絡の際にはご注意頂きますようよろしくお願い致します。

 

REGAL TOKYOのインスタグラムもご覧ください。

 

 

 

 

 

『軽やかな足元』

March 29 2019

皆様、こんにちは。「REGAL TOKYO」の大迫でございます。


2019年春のパターンオーダー会第二弾「REGAL Built to order system」(以下BOS)パターンオーダー会(以下PO会)が終了いたしました。ご注文をしていただきましたお客様に、この場をお借りしてお礼申し上げます。ご注文品の出来上がりを楽しみにお待ち下さい。

 

そして4月19日(金)~4月28日(日)は春のPO会のラストを飾る第三弾「工房職人の九分仕立て」PO会です。「平成最後」に相応しい特別仕様をご用意しておりますので、ぜひご期待下さい。詳細については、当REPORTで別途ご案内させていただきます。 

 

今週は東京のソメイヨシノが満開となり、ようやく街歩きには丁度良い季節となりました(花粉症さえなければ私にとっても嬉しい季節なのですが)。年度代わりの慌ただしい季節ですが、お休みの日には気分を変えて軽快なフットワークで歩くのはいかがでしょうか!? 今回は、そんなシーンにピッタリの靴をご紹介いたします。

●REGAL TOKYO ORIGINAL 【W541 CE】
甲革(展開色):タンドキップ(BR・DBR・NAVY)、キップ(WHIT)
底材:合成ゴム底
価格:¥37,800(税込)

 

スポーティーかつ上品さを漂わせる印象のこちらの靴は、BOSで使用している甲革素材「タンドキップ」、そしてREGAL TOKYOのBOSのみ常時オーダーが可能なホワイトの「キップ」を使用しております。

実際にこちらの甲革素材の雰囲気を気に入ってBOSをご注文して頂いたお客様もいらっしゃいます。このようにBOSで使用する甲革素材でREGAL TOKYO ORIGINALの靴を作っているのも当店の特色の一つではないでしょうか!?

 

ベージュのコットンスラックスにネイビーを合わせてみました。室内では黒に近い印象ですが、屋外ではネイビーの持つ上品な青みが表情を豊かにしてくれます。BOSで使用している甲革素材なのでドレスシューズのようなポテンシャルも併せ持っていますね。

 

 

こちらはカーキのコットンパンツにブラウンの組合せです。オーソドックスでまさに「王道」のコーディネイトですね。各色共甲革の色に合わせたシューレースを通しており、お仕事でネクタイをはずした時やアンコンジャケットにニットタイといったオフィスカジュアルのコーディネイトとしても活用して頂けます。

 

 

「REGAL TOKYO」といえばオーダーやオリジナルのドレスシューズ、そして重厚でタフなカジュアルシューズのイメージをお持ちだと思いますが、こういったソフトな雰囲気のカジュアルシューズもございます。いよいよ春本番です。軽やかな足元で皆様も「歩きたくなる道」を見つけてみてはいかがでしょうか!?それでは、今週も皆様のご来店をお待ち申し上げております。

 

 

 

 

【ご案内】
月一回ビスポーク工房の職人が店頭に立ちお客様と直接お話しをさせて頂く機会を設けさせて頂いております。九分仕立てやビスポークについてのご相談もお受けいたしますのでお気軽にお立ち寄り下さい。4月の日程は、4月28日(日)を予定しております。
※なお、ビスポークシューズのご注文に際しましては、約1時間頂戴する為、事前のご予約が必要となります。予めご了承下さい。

 

【定休日のお知らせ】
月曜日が定休日となっております。
4月は1日、8日、15日が定休日となります。
※4月22日(月)は「春のパターンオーダー会」開催期間中につき通常営業致します。
また。4月29日(月)は祝日の為通常営業致します。
ご来店、ご連絡の際にはご注意頂きますよう、よろしくお願い致します。

 

 

 

REGAL TOKYO のインスタグラムもご覧ください。

 

 

 

 

 

 

『黒の拘り』

March 01 2019

皆様、こんにちは「REGAL TOKYO」の大迫でございます。


2019年春のパターンオーダー会第一弾「LAST#50スペシャル」パターンオーダー会が終了いたしました。今回は、当店のREPORTや直接お問い合わせを頂き、通常時は定休日の月曜日にも多くのお客様にご来店いただきました。期間中にご来店のお客様に、この場をお借りしてお礼申し上げます。出来上がりを楽しみにお待ちくださいませ。

 

そして3月15日(金)~3月24日(日)は第二弾「REGAL Built to order system」パターンオーダー会を開催いたします。これからの季節に相応しい注目素材をご用意しておりますので、ぜひご期待下さい。 

 

これからの季節は様々な「セレモニー」に合わせた靴をご検討のお客様が多くなります。「儀式・式典」を意味する言葉ですが、REGAL TOKYOではその足元に相応しい代表的な2種類のモデルをご用意しております。

●REGAL TOKYO ORIGINAL プレーントウ(内羽根式) 【W14R DC】
展開色:ブラック
素材:牛革(国産)
製法:グッドイヤーウエルト式製法
底材:革底(ハーフミッドソール仕様)+REGAL TOKYO ORIGINAL耐久化粧ヒール
価格:¥46,440(税込)

 

デザインは「プレーントウ内羽根式」、甲革素材は、革表面を職人がメノウ石等をガラス玉状にした道具で摩擦を掛ける事によりでる艶やかな仕上げが特徴のグレージングキップの黒、またライニング・ソールステインを黒で統一することにより格調高いドレスシューズに仕上げました。ミッドナイトブルーのスーツにこの靴を合わせて、ワンランク上のコーディネイトはいかがでしょうか!?

●REGAL TOKYO ORIGINAL ストレートチップ(内羽根式) 【W985 EB】
展開色:ブラック
素材:牛革(仏)
製法:グッドイヤーウエルト式製法
底材:革底(栃木レザーベンズ仕様)+REGAL TOKYO ORIGINAL耐久化粧ヒール
価格:¥56,160(税込)

 

REGAL TOKYO ORIGINALを象徴するこちらのモデルは、まさに黒のストレートチップの基本を表現していると言ってよいでしょう。REGAL TOKYO REPORTのバックナンバーではその拘りについて詳細をご紹介しておりますのでご覧ください。伝統的でノーズを抑えた木型やコンパクトなキャップトウの大きさは幅広い年齢層の方から支持されており、永くお付き合い頂ける一足です。

REGAL TOKYOの色といえば、「パープル」を思い浮かべる方が多いと思います。しかし、今回ご紹介します2種類のモデルは展開色やライニングカラーは勿論の事、ソールステインカラーも黒単色(W14R DC)と黒・ベージュのコンビカラー(W985 EB)といった違いはありますが徹底的に「黒」に拘りました。

節目の季節でもある「3月」、そして新しい年度が始まる「4月」。春の訪れとともに靴の着用においても日常とは違う様々な機会が増えて参ります。「拘りぬいた黒の一足」をお客様の足元にいかがでしょうか。ぜひ、REGAL TOKYOの店頭でご覧下さい。皆様のご来店をお待ち申し上げております。

 


【ご案内】
月一回ビスポーク工房の職人が店頭に立ちお客様と直接お話しをさせて頂く機会を設けさせて頂いております。九分仕立てやビスポークについてのご相談もお受けいたしますのでお気軽にお立ち寄り下さい。3月の日程は、3月31日(日)を予定しております。
※なお、ビスポークシューズのご注文に際しましては、約1時間頂戴する為事前のご予約が必要となります。予めご了承下さい。

 

【定休日のお知らせ】
月曜日が定休日となっております。
3月は4日、11日、25日が定休日となります。
※3月18日(月)は「春のパターンオーダー会」開催期間中につき通常営業致します。
ご来店、ご連絡の際にはご注意頂きますよう、よろしくお願い致します。

 

 

REGAL TOKYOのインスタグラムもご覧ください。

 

 

皆様、こんにちは。
「REGAL TOKYO」の大迫でございます。
今回のREGAL TOKYO REPORTは、昨年当店にて数多くのご注文を頂きました「REGAL Built to order system」(以下BOS)の人気デザインBEST3をご紹介させて頂きます。

【第一位】ストレートチップ(内羽根式)
[写真サンプル]
甲革素材:BOXカーフ(独)-ブラック
価格:¥61,560(税込)

 

紳士靴の基本として押さえておくべき一足は、やはりBOSでも圧倒的な人気です。ご選択の甲革素材も特別な一足として「BOXカーフ」をお選び頂く方が圧倒的です。

 

 

【第二位】プレーントウ
[写真サンプル]
甲革素材:キップ/バーニッシュドレザー(国産)-ワイン
価格:¥47,520(税込)

 

BOS仕様のプレーントウは現在REGAL TOKYO ORIGINALシューズでも展開されていないデザインの為、甲革では「アニリンカーフ」、「バーニッシュレザー」をご選択される方が多く、色別に見るとブラウン系、中でも「ワイン」といった色気のある色が人気です。

 

 

【同率第三位】(写真サンプル左より)
●ウイングチップ(アメリカンタイプ)
甲革素材:スコッチグレインカーフ(仏)-ブラック
価格:¥58,320(税込)


●ストレートチップ(外羽根式)
甲革素材:キップ/バーニッシュドレザー(国産)-ブラウン
価格:¥47,520(税込)


●ストレートチップ(メダリオン)
甲革素材:アニリンカーフ(仏)-ダークブラウン
価格:¥58,320(税込)

 

2018年に、ご注文を頂きましたBOSのデザインで第三位に3種類のデザインが同数で並びました。上位2デザインが基本とすれば、お客様のお好みが多様化している昨今、3デザインが同率で第三位に入ったのも頷けるような気が致します。

 

 

 [写真サンプル]
(左)ストレートチップ(外羽根式)
甲革素材:アニリンカーフ(仏)※REGAL TOKYO BOS限定素材
価格:¥58,320(税込)


(右)サイドエラスティック
甲革素材:キップ/バーニッシュドレザー(国産)
価格:¥47,520(税込)

 

今回集計をするにあたり目を引いたのは、「ネイビー」のご注文が増加している事です。BEST3に選ばれたデザインにおいても甲革素材は様々ですが、必ず「ネイビー」のご注文が入っておりました。特に、「アニリンカーフ(仏)」と「スエード(英)」のネイビーはREGAL TOKYO BOSだけの限定素材という事もあり、お問い合わせが増えてきております。

 

 

 

年が改まり、年末年始の休暇から先頃の3連休を終えようやく日常の生活リズムに落ち着かれた方も多いと思います。REGAL TOKYO二階の「オーダーサロン」でごゆっくりと新しい靴選びはいかがでしょうか。今週も皆様のご来店をお待ち申し上げております。

 

 

【ご案内】
月一回ビスポーク工房の職人が店頭に立ちお客様と直接お話しをさせて頂く機会を設けさせて頂いております。九分仕立てやビスポークについてのご相談もお受けいたしますのでお気軽にお立ち寄り下さい。
1月の日程は、1月27日(日)を予定しております。
※なお、ビスポークシューズのご注文に際しましては、約1時間頂戴する為事前のご予約が必要となります。予めご了承下さい。

 

【定休日のお知らせ】
月曜日が定休日となっております。
1月は21日、28日が定休日となります。
ご来店、ご連絡の際にはご注意頂きますよう、よろしくお願い致します。

 

REGAL TOKYO のインスタグラムもご覧ください。

 

 

 

 

「REGAL TOKYO」の門脇でございます。
今年も、皆様のご期待に添えるよう、より一層尽くしてまいりたいと思います。本年も当店をご愛顧のほど、どうぞよろしくお願いいたします。

 

東京の元旦は、初日の出がきれいに見えました。その後も晴天に恵まれ穏やかな日々が続いております。先日、お休みの日に新年のお参りに行ってきました。人が多い時は避けて何度も訪れているのですが、この時期に来たのは初めてです。お正月の混み具合と比べて少なくなってきたようですが、まだ、たくさんの方がお参りに来ておりました。

 

原宿駅から、南参道を歩いて、大鳥居を通り南神門まで歩いていると、とても静かで年輪を重ねた木々の緑に囲まれた道中は、段々と心も落ちつき、普段感じられない穏やかな気持ちに変わりました。こんな静けさのある道中のすぐそばに、竹下通りや表参道のショップが並ぶ賑やかな街があるとは思えないですね。

 

 

本殿に着いて願いを込め、手を合わせてお参りしました。今年も公私ともに良い事があるようにと開運御守を購入し、おみくじを引いて本殿をあとにしました。

 そして、時間がありましたのでパワースポットと言われている明治神宮内の「清正井」に立寄りました。意外とたくさんの人が立寄っており、並びましたが無事に上の様に写真が撮れました。この湧きでる清水がどんな感じなのか、ちょっと手で触ってみると、とっても冷たいと思っていましたが、かじかんだ指には、温く感じました。調べてみると、年間を通して15度前後あるそうです。今年は、何か良い巡りがくる事を願って帰路につきました。

 

さて、今回のお参りには、2年半ほど愛用しているW558を履いて出かけました。明治神宮の道中は凸凹した砂利道など様々な路面の中、安定して足に負担も無く歩くことができました。雨天時の通勤に活躍してくれますので、悪天候や悪路に何かと使える1足であります。

 

 

「W558」は、発売当初ブラック、ダークブラウンの2色の展開でした。その後ネイビー、ベージュの2色が加わり、7年を超えて展開しているモデルになります。この「W558」から始まり、様々なモデルが追加され、皆様に永くご支持をいただいているシリーズに成長いたしました。

 

そんな中、お客様からのご要望もあり、「W558」の木型を使った「Last#50 Specialパターンオーダー会」を開催するようになりました。REGAL TOKYOで取り扱っている商品やオーダーメニューには、お客様の声から生まれた物がたくさんあります。今後もお客様の声をお聞かせ願えればと思っております。よろしくお願い致します。

 

さて2019年春は、例年通りパターンオーダー会を計画しております。詳細が決まり次第、当リポートにてご案内させて頂きます。今週末は3連休です。皆様にお会いできる事を、楽しみにしております。


【ご案内】
毎月一回、ビスポーク工房の職人が店頭に立ちお客様と直接お話しをさせて頂く機会を設けさせて頂いております。 九分仕立てオーダーやビスポークについてのご相談もお受けいたしますのでお気軽にお立ち寄り下さい。1月は、1月27日(日)の予定です。
※なお、ビスポークシューズのご注文に際しましては、1時間程頂戴する為、事前のご予約が必要となります。予めご了承下さい。

 

【定休日のお知らせ】
月曜日が定休日となっております。  1月は、21日、28日がお休みです。
1月14日(祝・月)は、通常営業いたします。
ご来店、ご連絡の際にはご注意頂きますようよろしくお願い致します。

 

REGAL TOKYOのインスタグラムもご覧ください。

 

 

 

 

皆様こんにちは。「REGAL TOKYO」の大迫でございます。

 

今回は、定期的にお客様からお電話や直接ご来店いただき、お問い合わせいただく商品「サドルシューズ」をご紹介いたします。REGAL TOKYOで常時ご提案しているサドルシューズは現在2種類ございます。まずは皆様のイメージに合わせてご注文を承っている「REGAL Built to order system」(以下BOS)のサドルシューズです。

●BOS サドルシューズ(組合せの一例)
甲革:アニリンカーフ・WINE(仏)/ベジタブルタンドカーフ・BR(仏)

製法:グッドイヤーウエルト式製法
価格:¥60,480(税込)
※基本価格¥58,320(税込)+ オプション価格(甲革コンビネーション)¥2,160(税込)
※選択する甲革や底材・ヒールの仕様で合計金額が異なります。


サドルシューズの始まりは19世紀終わりのイギリスとされていますが、後にアメリカへ伝わった時に新たな解釈が加わり、若々しくスポーティーな印象のサドルシューズとして広まっていったようです。BOSでお作り頂くサドルシューズの特徴ですが、鳩目は表鳩目でシルバーの鳩目がついております。そして、底廻りは丸コバで優しげな印象に仕上げております。

 

 

それに対してREGAL TOKYO ORIGINALで展開しているサドルシューズはこのような趣きです。

●REGAL TOKYO ORIGINAL W15R DC
甲革:牛・手もみ革(国産)×牛革(国産)
展開色:B/SCB、DBR/SCDR
底材:革底+REGAL TOKYO耐久化粧ヒール
製法:グッドイヤーウエルト式製法
価格:¥46,440(税込)

同色・同素材や同色・異素材での組合せが多いイギリス式サドルシューズがベースにあるため、ジャケットやスラックス、またはダークスーツのはずし技として活用しやすいようにシンプルながら上品なサドルシューズをイメージしています。W15R DCの特徴は鳩目を裏鳩目とし、底廻りは両爪(付き)の平コバ

にする事でスポーティーな印象を抑え、さりげない「大人なサドルシューズ」に仕上げました。

 

 

「プレーントウ」、「ロングウイングチップ」、そして「サドルシューズ」という個人的にはREGALの三大アイコンと思っていますが、革の組合せを考えたり装いのコーディネートを悩んだりと様々な楽しみを与えてくれるのが「サドルシューズ」ではないでしょうか。お持ちのビジネスシューズにプラスして種類を増やそうとお考えの方や、プライベートで個性を発揮する靴をご検討されている方に、ぜひ「サドルシューズ」をお勧め致します。

 

【ご案内】
月一回ビスポーク工房の職人が店頭に立ちお客様と直接お話しをさせて頂く機会を設けさせて頂いております。九分仕立てやビスポークについてのご相談もお受けいたしますのでお気軽にお立ち寄り下さい。12月の日程は、12月23日(日)を予定しております。
※なお、ビスポークシューズのご注文に際しましては、約1時間頂戴する為事前のご予約が必要となります。予めご了承下さい。

 

【定休日のお知らせ】
月曜日が定休日となっております。
12月24日(月)は祝日の為通常営業致します。

年末年始営業日のお知らせ
年内最終営業日 12月30日(日)11:00~20:00
年末年始休業日 12月31日(月)、2019年1月1日(火)、1月2日(水)
2019年は1月3日(木)より通常営業となります。
何卒よろしくお願い申し上げます。

 

REGAL TOKYOのインスタグラムもご覧ください。

 

皆様こんにちは。「REGAL TOKYO」の大迫でございます。

 

接客を通じてお客様との会話に毎日と言ってよい程、聞かれるキーワードがあります。「仕事でも普段でも履ける靴」いわゆる「オンオフ兼用の靴」という言葉です。このREGAL TOKYO REPORTでも幾度となくそういったニュアンスで靴のご紹介をしています。確かに年を追う毎にネクタイを外してお仕事をされている期間も長くなり、お仕事の業種によって、いわゆる「革靴」を履かない方もいらっしゃいます。一方で、「仕事も休日も同じような靴を履いているとメリハリが無いんだよね。」といったお客様の声もお聞きします。

 

そこで「Time(時間)」、「Place(場所)」、「Occasion(場合)」に応じた装いを意味する「T・P・O」を紳士靴の場合に置き換えてみました。紳士靴の着用シーンは「ドレス」「ビジネス」,「カジュアル」の3つに分類されます。これをREGAL TOKYO ORIGINALの「ストレートチップ」にフォーカスしてご提案いたします。

 

●REGAL TOKYO ORIGINAL ストレートチップ(内羽根式) W985 EB
甲革:牛革(仏)
底材:革底(栃木レザーベンズ)+ REGAL TOKYO耐久化粧ヒール
製法:グッドイヤーウエルト式製法
価格:¥56,160(税込)

 

まずは「ドレス」です。セレモニー、「式」の付く行事にふさわしい「ドレスシューズ」。慶事には爪先を鏡面に磨きあげ華やかな印象に、弔事には光沢を抑えて靴の清潔さを心掛けます。

 

●REGAL TOKYO ORIGINAL ストレートチップ(内羽根式) W938 CC
甲革:牛革(伊)
底材:革底(爪先ゴム仕様)+ REGAL TOKYO耐久化粧ヒール
製法:グッドイヤーウエルト式製法
価格:¥41,040(税込)

 

続いては「ビジネス」です。通気性といった革底のメリットに爪先の過度な減りを抑えるゴム加工を加えた実用性の高い靴はビジネスに欠かせない一足です。

 

●REGAL TOKYO ORIGINAL ストレートチップ(外羽根式) W197 DJ
甲革:牛革(国産手もみ革)
底材:ダイナイトソール(ダブルソール仕様)
製法:グッドイヤーウエルト式製法
価格:¥43,200(税込)

 

最後に「カジュアル」です。底材の厚みとウエルトの縫い回しによる重厚感、外羽根式の靴に手もみ革の細かなシボが組み合わされカジュアルな装いにぴったりです。

 

 

「ストレートチップ」は、紳士靴で最も選ばれているデザインで、まずは「基本の一足」としてもご提案しております。今回、カジュアルの提案でご紹介した「W197 DJ」を幅広い着こなしで、お使い頂く事も出来ますし、ドレスの「W985 EB」はその履き心地から、ご指名でお買上げ頂くお客様もいらっしゃいます。まずはお客様がお考えになる靴の使用目的でお選びになる事が大切です。そこから着用のシーンをイメージする事で「ストレートチップ」というデザインでもより幅広いシーンでお履き頂けるのではないでしょうか!? それでは今週も皆様のご来店をお待ち申し上げております。

 

【ご案内】
月一回ビスポーク工房の職人が店頭に立ちお客様と直接お話しをさせて頂く機会を設けさせて頂いております。九分仕立てやビスポークについてのご相談もお受けいたしますのでお気軽にお立ち寄り下さい。12月の日程は、12月23日(日)を予定しております。
※なお、ビスポークシューズのご注文に際しましては、約1時間頂戴する為事前のご予約が必要となります。予めご了承下さい。

 

※定休日のお知らせです。
月曜日が定休日となっております。
12月は3日、10日、17日がお休みです。(なお、12月24日(月)は祝日の為通常営業致します。)
年末年始の営業日につきましては日を改めてご案内申し上げます。
ご来店、ご連絡の際にはご注意頂きますよう、よろしくお願い致します。

 

 

REGAL TOKYOのインスタグラムもご覧ください。

 

 

 

  • REGAL SHOES
  • REGAL CORPORATION

backnumber