「Be Spoken」

「話す」ことから、すべては始まります。
デザイン・素材・色・製法・フィッティング・・・
二人として同じ人がいない様に、お客様のご要望も十人十色。
そのご要望を「かたち」にしていくのがBESPOKEです。
それは、お一人お一人の熱い想いをお話いただくことから始まります。
話し合いながら「かたち」にしていく・・・・
BESPOKEは『Be Spoken』が由来と言われる所以です。
(REGAL TOKYO HPより)

こんにちは、「REGAL TOKYO」の門脇です。

オープニングの写真は、先日お渡ししたお客様の「BESPOKE」の靴です。
お客様がご来店になり、出来上りを見て、イメージした靴の出来上りに喜んでいただきました。 そして、履いていただき、履き心地に喜んでいただきました。 
毎回お渡しの時は、職人、私たちスタッフも内心、ドキドキなのですが、お客様の笑顔が見られると、とても嬉しく、喜びを感じます。 ご注文いただき、ありがとうございました。

お客様とお話しをしている中で、「いつかは・・・作ってみたいですねぇ!」なんて云う会話になる事があります。  自分の足型を元に木型を作って、自分が思い描く、イメージする、要望の靴が作れる、フルオーダーの靴が「BESPOKE」です。

本日は、「BESPOKE」について、ご紹介したいと思います。

まず、「BESPOKE」のお問い合わせの際にご来店の希望日時を仰っていただき、職人との打ち合わせの日取りを事前に決めさせていただきます。   

1.MeasurementProcess1.JPG
2.MeasurementProcess2.JPG
そして、ご来店いただくとまずお客様の足の計測をさせていただきます。長さ、高さ、足囲などお客様の足型から木型を作る為のデーターを取ります。 この時に、足の細かな形状、特徴を触診や写真を撮らせていただきながら、確認します。  お客様から、靴を履いていて気になる事や困っている事などもお伺いいたします。

3.ExplanationProcess1.JPG
次に、靴の仕様を決めていきます。 デザインや甲革、底材・・・お客様のご要望の靴の仕様を、1つ1つ決めていきます。 仕様決めの中で、デザインは、お客様の想いが詰まった大きなところで、写真や雑誌、店内のサンプルなどを見ながら、細かなディテールを決めていきます。

4.ExplanationProcess2.JPG
甲革も靴のイメージを作る大きな要素で、店内のサンプルを見ながら、質感、色を確かめながらお選びいただきます。 この時、もしご要望の甲革が見つからず決まらない場合は、職人がお探しする場合もあります。 職人は、お客様のご要望を確認しながら、靴のイメージを膨らませてオーダーシートを作成いたします。

ご注文後、次にお客様にお会いするのは、およそ3か月後の仮縫い靴の確認時となります。
お客様の木型を製作し、仮縫い靴を作り、フィッティング確認、デザインや仕様の確認をします。そして、始めのご注文から出来上がりまでにおよそ6ヶ月を要します。 出来上がりまでにお時間をいただきますが、お客様のご要望、想いを職人と会話をしながら、「かたち」にしていきます。

今回は受付からお渡しまでの流れについて簡単に触れましたが、「BESPOKE」についてはこれからも機会を見てご紹介していきたいと思います。
(※写真の掲載にご協力頂きましたお客様へ感謝を申し上げます。誠にありがとうございました。)

今週もたくさんのお客様にお会いできる事を楽しみにしております。
皆様のご来店お待ちしております。


※定休日のお知らせです。
月曜日が定休日となっております。
6月は、8日、15日、22日、29日がお休みとなります。
ご来店、ご連絡の際にはご注意頂きますようよろしくお願い致します。


こんにちは、「REGAL TOKYO」の門脇です。
1.ParkVew.JPG春のカラッとした風が心地よい日は、ブラっと出かけたくなるのですが、先日のお休みの日、久しぶりに隣り街の公園に出かけました。 幼少の頃から知るこの公園に来るとのんびりと時間を忘れて過ごすことが出来るので、暖かくなるこの時期にちょっとした一時を過ごせるんです。

桜が咲くと春の訪れを感じ、暖かくなると色とりどりの花が咲き始めます。 久しぶりに来たこの公園内も一回り散策して見ると、色とりどりのバラがきれいに咲いていました。
2.Rose1.JPG
3.Rose2.JPG
4.Rose3.JPG
そして本日は、のんびりと公園や街の散策、散歩のお出かけ時にはREGAL TOKYO ORIGINALのスニーカーをご紹介したいと思います。
その中でもレッドやブラウンは、春夏の花々の色と同じような明るいカラーパレットで、足元を演出してくれます。
5.Red,Brown.JPG
6.SeigaihaCounter.JPG
このスニーカーのテーマは「日本製」。丈夫さと柔らかさがある国産グローブレーザーを用い、リーガル得意のグッドイヤーウエルト製法で作られた拘りのレザースニーカーです。
レースステイの内・外とカカト周りに縫われた半円形のステッチは、日本の伝統的な「青海波(せいがいは)」という文様をモチーフにデザイナーが拘りで盛り込んだもの。 デザイン性だけでなく、かかと周りのホールド感もあり、ドレス靴を思わせるようなしっかりとしたフィット感の履き心地です。

私も7、8年前にウエルト製法のスニーカーを購入しました。初めて履いた時に、今までに経験した事がない履き心地、フィット感、安定感を感じ取ることが出来ました。
永く履いてリペアもでき、しっかりとした作りとドレス靴のようなフィット感の履き心地がお気に入りです。 

ぜひ一度、このスニーカーの履き心地をお試しになっていただきたい1足です。
皆様のご来店をお待ちしております。


●REGAL TOKYO ORIGINAL 「スニ-カ-」
甲革 : グローブ レザー(国産)
色  : ブラック/ブラウン/ネイビー/レッド
サイズ : 23.5~27.0cm
製法 : グッドイヤーウエルト製法
修理 : オールソール
価格 : ¥32,400(税込)


※定休日のお知らせです。
月曜日が定休日となっております。
5月は、25日がお休みです。6月は、1日、8日、15日、22日、29日がお休みとなります。
ご来店、ご連絡の際にはご注意頂きますようよろしくお願い致します。


こんにちは、「REGAL TOKYO」の門脇です。

「あ~もっと涼しい装いにすればよかった!」と、着る装いの対応も追いつかず、出かけてしまった夏のような日が続きますねぇ。
まだまだ暑さに慣れず、水分補給に気を使って過ごしていますが、皆様いかがお過ごしでしょうか。 

ゴールデンウィークも天候にも恵まれ、久しぶりにご来店くださったお客様、遠方よりご来店くださったお客様、たくさんのお客様がご来店くださいました。 誠に有難うございます。

1.NAVY W989.JPG
さて、この連休中に、ローファーを見にご来店くださったお客様がいらっしゃいました。
そのお客様にお話を伺うと、「クールビズスタイルにも、休日のお出かけにも使えるかなぁと思って・・・」とのこと。ブラック、ダークブラウン、ブラウン、ワイン、ネイビーの5色あるので、どの色にするか迷われていましたが、ネイビーをお選びになりました。

このローファーは、REGAL TOKYO ORIGINAL春の新作モデルです。(2015年1月30日掲載の当ブログをご参照下さい) 
5色の中で、ブラックが人気ですが、次に好評なのがネイビーです。 ネイビーですと、ドレススタイルからカジュアルスタイルまで合わせやすいと思います。 ネイビーをお選びになったお客様もコーディネートのしやすさが決め手となってお選びになりました。


また、「REGAL TOKYO」では、メンテナンス用にネイビー色の乳化性クリーム、ネイビー色のベルトをご用意しておりますので、ご一緒にいかがでしょうか。

2.WINE W989.JPG
実は私、このローファーが入荷してから購入しようか迷っております。足が細身の私は、なかなか合うローファーが無くて、今まで購入したことがありませんでした。
このローファーは、まずまずのフィット感で購入してみても良いかなぁと悩んでいました。 色が5色あるので、どうしようか迷っているのですが、先日ワインのベルトを購入したので、ワインにしようかなぁと決めつつあります。 

天候が短いサイクルで変わりますが、銀座へお越しの際、日差しの強い暑い日や突然の雨模様の時は、ひと休みに「REGAL TOKYO」へお立ち寄りくださいませ。
皆様のご来店をお待ちしております。


●REGAL TOKYO ORIGINAL 「ローファー」
甲革 : バーニッシュドレザー(国産)
色  : ブラック/ブラウン/ダークブラウン/ネイビー/ワイン
サイズ : 23.5~27.0cm
製法 : グッドイヤーウエルト製法
価格 : ¥43,200(税込)

●REGAL TOKYO ORIGINAL 「ベルト」
 革 : アニリンカーフ(仏)
 サイズ: 80、85、90、FREE(~95)
 価格 : ¥12,960(税込)

※定休日のお知らせです。
月曜日が定休日となっております。 5月は、18日、25日がお休みとなります。
ご来店、ご連絡の際にはご注意頂きますようよろしくお願い致します。



こんにちは。
工房の佐々木です。
2014年3月から始まった婦人の九分仕立てパターンオーダー靴も一年が経ちました。
紳士靴に比べたらまだまだ始まったばかりですが長く続けていけるよう努力します。

今回は、婦人のサドルシューズが完成したので紹介したいと思います。


甲革:ワインハイムレダー社 BOXカーフ×C.F.ステッド社 黒スエード
裏革:ベージュ
底付:カジュアルタイプ 縫い回し
コバ色:生地
表ハトメ:アンティークゴールド

サドルシューズは丸っこいイメージがありますが、この木型で作ったサドルシューズは
かわいくなり過ぎずのバランスいいものが出来たと思います。

ところで、先週(4/17(金))のブログでご紹介しましたが、春のパターンオーダー会では
期間限定で紳士の九分仕立てでも細革(コバ色)が黒・茶・生地から選択が出来ます。
黒の甲革に生地の細革を選択するとこのような雰囲気になります。
ぜひ一度ご検討下さい。

工房職人の九分仕立て限定受注会:4月24日(金)~5月6日(祝・水)


※定休日のお知らせです。
月曜日が定休日となっております。
5月は、11日、18日、25日がお休みとなります。
なお、限定受注会期間中の4月27日、5月4日(祝)は通常営業いたします。
ご来店、ご連絡の際にはご注意頂きますようよろしくお願い致します。


こんにちは、工房の田沼です。                        

今回は、リーガルトーキョー春のオーダー会を締めくくる「工房九分仕立て」のオーダー会を紹介させて頂きます。

今回、4月24日(金)から5月6日(祝・水)の期間、オーダー会限定で「コバの色」を選択できるようにさせて頂きました。
「コバの色選択」って何が出来るの?」と思われた方もいらっしゃるかと思いますが、コバを染めるインクの色が選べるということではなく、通常は甲革の色に合わせて、黒には黒、茶には茶色の細革を使っているところを、黒・茶・生地の3色からお好きな色をお選びいただけるようにしたということなんです。           

「コバの色を生地にしてより軽い印象にしたい」「夏場のクールビズスタイルに合わせて少しカジュアルな印象にしたい」などのご要望を今までにも頂いておりまして、それにお応えする形で新たな選択肢をご用意させて頂いた訳です。

1.NaturalColourWELT.JPG
例えば、こちらの画像のように、コバを生地にしますと全体に軽快な印象を与えてくれます。
また爪先部の色に合わせて黒いコバを選択して頂けますとグッと締まった感じになって、落ち着いた印象になります。
「コバの色」という細かいところですが、靴全体の印象も変えるくらいの力があるということがうまく伝わりましたでしょうか。
「九分仕立て」をオーダーして頂く際の楽しい悩みがまた一つ増えました。

また、期間中、4/25(土)、4/26(日)と5/2(土),5/3(日)の土・日4日間は私か田尻の何れかが店舗にお邪魔して皆様のお相手をさせていただきます。
九分仕立てやビスポークシューズに興味をお持ちの皆様にお会いできることをとても楽しみにしております。
どうぞお気軽に銀座までお越しください。


※定休日のお知らせです。
月曜日が定休日となっております。
4月は、20日がお休みです。5月は、11日、18日、25日がお休みとなります。
なお、限定受注会期間中の4月27日、5月4日(祝)は通常営業いたします。
ご来店、ご連絡の際にはご注意頂きますようよろしくお願い致します。
(4月24日(金)~5月6日(祝・水) 工房職人の九分仕立て限定受注会)


こんにちは、「REGAL TOKYO」の門脇です。

今週は、コートを片付けようとしていたところに冬へ逆戻り!とても寒い一週間となりました。
皆様、体調は崩していませんか。どうぞ、ご自愛くださいませ。

さて、4月になってREGAL TOKYO ORIGINALの新商品が入荷いたしましたのでご紹介いたします。今年春の新作唯一のカジュアルシリーズとなります。
REGAL TOKYO ORIGINALの中では、新しいテイストとなるデッキデザインのカジュアルシリーズ
です。
2.W176FrontView.JPG
船の甲板(デッキ)で使用するために考えられたシューズをデッキシューズと言いますが、そのデッキシューズのモチーフを有しながら、よりドレッシーなデザインで、きれい目なスタイルにお似合いだと思います。
写真をご覧いただくと、一足早く、夏を感じるようなカラーパレット、レッド、トリコロールコンビ、ブラウンダークブラウンコンビのカラー3色展開です。皆様は、どの色がお好みでしょうか?
3.W176SideView.JPG
そして、足あたりの良いスコッチグレインレザー(独)の甲革は、キズにも強く、雨ジミや色落ちも
しにくいので、天候を気にすることなく、お使いいただけると思います。
軽量で柔らかなソールなので、休日のお出かけにも最適です。
実は、この甲革は、Built to Order System/ Last#50Special限定受注会でも好評の限定素材なのです。
4.W570LongWing.JPG
ご存じのお客様も多いと思いますが、同じ甲革を使ったREGAL TOKYO ORIGINALのモデルが上の写真です。靴の詳細について、このブログでも何度か紹介していますので、そちらをご参照くださいませ(2012年6月26日、2014年5月23日掲載) *こちらのモデルは、サイズが売り切れている場合がございます。

どちらの靴も数量に限りがございます。 春夏のお出かけ用の靴をお探しの方、お近くにお立ち寄りの方は、ぜひご来店になってお試しください。

皆様のご来店をお待ちしております。


REGAL TOKYO ORIGINAL「デッキデザイン」
製法:マッケイ+セメンテッド式  
色:レッド、トリコロール、ブラウン×ダークブラウン
価格:38,880円(税込)
サイズ:23.5~27.0cm

REGAL TOKYO ORIGINAL「ウイングチップ」(キルト付)
製法:グッドイヤーウエルト式  
色:ホワイト×ネイビー、ホワイト
価格:41,040円(税込)
サイズ:23.5~27.0cm
*こちらのモデルは、サイズが売り切れている場合がございます。


※定休日のお知らせです。
月曜日が定休日となっております。
4月は、13日、20日がお休みです。
なお、限定受注会期間中の4月27日は通常営業いたします。
ご来店、ご連絡の際にはご注意頂きますようよろしくお願い致します。
(4月24日(金)~5月6日(祝・水) 工房職人の九分仕立て限定受注会)


こんにちは、「REGAL TOKYO」の門脇です。

コートがいらないくらい暖かい日が続き、通勤途中の桜の木も満開になりました。
毎年見る満開になった時の桜の色、「サクラ色」と言うんですかねぇ!?あの色がなんともいいですよねぇ。なんだか、ずぅーと眺めちゃいますよねぇ・・・。

そして、今週より4月になりました。4月というと、様々な節目の時期だと思います。
この時期になりますと、新社会人としてのスタートを迎えるお客様、引越しをしてご来店されるお客様・・と様々な節目を迎えるお客様がいらっしゃいます。
また、ここで新しい靴を探しにご来店になるお客様もいらっしゃいます。

先週紹介いたしましたドレスシリーズを含めてREGAL TOKYOでは、随分オリジナル商品のラインナップが増えてきました。
本日は、REGAL TOKYO ORIGINAL商品の中からドレスシューズをご紹介いたします。

はじめは、九分仕立てパターンオーダーの木型をレディメイドモデルに仕上げたREGAL TOKYO ORIGINALプレステージラインです。
1.#272LastDress.JPG
●甲革:フレンチカーフ  価格:¥56,160(税込)

このモデルの特徴は、かかとから土踏まず、甲回りと九分仕立てパターンオーダー靴の良さを感じるフィッティングと5年後10年後でも永く愛用いただける端正なデザイン、そして、時間をかけて鞣し、革の目が詰まった栃木レザー製のアウトソールとREGAL TOKYO耐久化粧です。 
2.FudgeConstruction.JPG
アウトソールの縫い方は、縫う際、溝を掘りながら糸目がもぐるように縫っていき、掘った溝の口をふさぎ、糸目が見えないように仕上げるファッジ製法で、随所にこだわりの仕様となっています。


3.Karl.JPG
●甲革:イタリアンカーフ  価格:¥37,800(税込)(チャッカーブーツ ¥38,880(税込))

次に一番デザイン数が揃う「カール」シリーズは、ややシャープなつま先デザインと足当たりが柔らかいイタリアンカーフの甲革、つま先ゴムと耐久化粧を配したソール仕様です。馴染みやすい履き心地なので、新社会人など革靴、革底が慣れない方におススメの靴だと思います。

この靴の甲革は、工場仕上げをほとんど施していないので、箱から出すと艶のないマットな状態です。履きおろし前にクリームを塗ってお手入れしていくとマットな甲革にクリームが浸み込んで艶が出てきます。
また、つま先をワックスで仕上げていくときれいに艶がのり、鏡面仕上げになります。お手入れ好きの方やお手入れの事も学びたい方にはおすすめの甲革だと思います。 


4.Alex.JPG
●甲革:国産キップ  価格:¥34,560(税込)

最後に、REGAL TOKYO ORIGINAL で唯一のラバーソールの「アレックス」シリーズです。 
土踏まず部分を程よく絞り、ホールドしてくれる木型に、やや硬めのゴム質で耐久性があり、しっかりとした安定感のある履き心地のダイナイトソールの仕様、やや丸みのあるクラシックテイストのデザインなので、幅広いお客様にお勧めできるモデルです。 革底愛用のお客様には、雨の日用にもおススメです。

REGAL TOKYOでは、お時間に余裕のあるお客様には、履きおろし前のお手入れをしてお渡ししています。 鏡面仕上げもご要望に応じていたします。 また、修理についてご質問がありましたらお伺いいたします。

皆様のご来店をお待ちしております。


ここでお知らせです。
Built to Order Systemパターンオーダーの靴ですが、お蔭様で3月はいつもより多くのお客様にご来店・ご注文をいただきました。ありがとうございました。
とても嬉しいことなのですが、先日、担当者より 現在生産予定以上のご注文となり、出来上がりに時間をいただく事になると連絡がありました。 つきましては、通常2ヶ月ほどのところ、今ご注文頂きますと、6月下旬頃の出来上りになる予定です。 生産調整等を行い、1日でも早く仕上げてお客様へお渡しできるように努めてまいりますが、職人の手仕事所以の難しさをご理解いただきましたら幸いです。 

※定休日のお知らせです。
月曜日が定休日となっております。 
4月は、6日、13日、20日がお休みとなります。
なお、限定受注会期間中の4月27日は通常営業いたします。
ご来店、ご連絡の際にはご注意頂きますようよろしくお願い致します。
(4月24日(金)~5月6日(祝・水) 工房職人の九分仕立て限定受注会)

ご来店、ご連絡の際にはご注意頂きますようよろしくお願い致します。


こんにちは、「REGAL TOKYO」の門脇です。

只今REGAL TOKYOでは、'15年春の限定受注会第2弾、「Built to Order System限定受注会」を開催中です。
先週末より、たくさんのお客様がご来店下さり、ご注文をいただきました。 誠に有難うございます。 

受注会は、今週の日曜日、29日までの開催でございます。  甲革やつま先デザインなど、受注会ならではの仕様でお作りいただけます。オーダーに興味のある方は、ぜひご来店下さい。 皆様のご来店をお待ちしております。


さて、今週は、REGAL TOKYO ORIGINAL のドレスシリーズが入荷いたしましたのでご紹介いたします。
2.W172~B.JPG
新規木型となるこのシリーズは、ノーズの長さを抑えたラウンドトゥのつま先のデザインなので、ややクラシックなシルエットがお好きな方には、おススメではないでしょうか。
3.W172~BR.JPG

デザインは、ストレートチップ、Uチップ、外羽根パンチドキャップトウの3デザインです。
Uチップや外羽根パンチドキャップトウは、ドレススタイルだけではなく、カジュアルスタイルに合わせられるので、長期の出張用に!おしゃれに決める休日のお出かけに!いかがでしょうか。クールビズスタイルにもおススメだと思います。

4.HiddenChannel.JPG
それでは、仕様についてご紹介いたします。
甲革は、足当たりのよい国産レザーを用い、REGAL伝統のグッドイヤーウエルト製法の革底は、伏せ溝仕様です。ヒールは、減りが気になる方にも考慮したORIGINALモデルの定番REGAL TOKYO耐久ヒールです。

5.Depuy Lining.JPG
そして、履いた時に直接足に触れる裏革には、ビスポーク等の高級靴で使われるデュプイ社のライニング用の革を用いており、REGAL TOKYOモデルならではの仕様が散りばめられています。

6.Burnishing Finish.JPG
ブラウン色は、つま先が焦がし仕上げとなっており、クリームやワックスでエイジングしていただくと靴に独特の表情を与える事ができます。 又、永く履きこんでいただいても革の馴染み、靴の馴染みが加わり、より一層の味わい深い雰囲気になると思います。

この春デビューしたローファー同様にベーシックなデザインなので、幅広いお客様におススメのドレスシリーズです。 ぜひ、店頭にてご覧いただき、履き心地をお試し下さい。

皆様のご来店をお待ちしております。


●REGAL TOKYO ORIGINAL 
甲革 : バーニッシュドレザー(国産)
デザイン:ストレートチップ、Uチップ、外羽根パンチドキャップトウ
色  : ブラック/ブラウン
サイズ : 23.5~27.0cm
製法 : グッドイヤーウエルト製法
価格 : ¥44,280(税込)


※定休日のお知らせです。
月曜日が定休日となっております。
3月は、30日がお休みとなります。4月は、6日、13日、20日がお休みとなります。
なお、限定受注会期間中の4月27日は通常営業いたします。
ご来店、ご連絡の際にはご注意頂きますようよろしくお願い致します。
(4月24日(金)~5月6日(祝・水) 工房職人の九分仕立て限定受注会)

ご来店、ご連絡の際にはご注意頂きますようよろしくお願い致します。


今回は、ゴルフシューズの「つくり」についてご紹介しましょう。
概観はどっしりと安定感のある、見慣れたデザインですが、タウンシューズとは異なる、「つくり」をしています。
素材は革にこだわり、アッパー、中底、底材と革を使用し、製法は弊社得意の、GOODYEAR-WELT製法で作られています。つまり、昨今のスポーツシューズメーカーの靴とは一線を引いた靴となっています。

そんな中にも工夫が有ります。


2.Insole W117.jpg
タウン用と比べると、
・木型です。ショットのとき、靴の中で足が大地をつかむような感じを持っていただきたいとの工夫で、特に足先にゆとりを持たせています。 中底(足が直接接触する、底面です)は、牛革の上にスポンジが有り、それを包みこむように牛革で覆っています。これが適度なやわらかさをもって、足に接しています。

3.QuarterCushion.jpg
・履き口は、でしゃばり過ぎないスポンジを装填していて、クラシックな外観を損なうことなく、足首を押さえてくれます。 中底の下には、得意のコルクが充填されていますので、履きこむほどに、足の型に馴染み、いっそう履き易いものになって行きます。

4.sotohumazu.jpg
・表底には牛革を使っていますが、中底との間には、ゴムスポンジ素材がサンドされています。衝撃吸収性も有りますが、地面からの水の吸い上げを防ぐ役割が有ります。(外観では見えにくいのですが、黒く質感がちがって見える所がこれです)

ご使用に当たっての注意事項
・天然皮革を使用した靴です。防水性も考慮していますが、雨中でのご使用は、水の浸入が考えられますので、お控え頂くのが賢明です。
・使用後は、汚れを落とし、乾かしてください。この時、ストーブや熱の掛かる乾燥機などの使用はおやめください。湿気を帯びた革に熱が加わると、革が硬化し、屈曲により切れることがあります。
・保管は、出来るだけ風通しの良いところでお願いいたします。
・スパイクの脱落の有無も確認してください。 スパイクはねじ式を使用していますので、緩んできます。使用前に必ず締めてからお使い下さい。

このように「つくり」にもこだわったゴルフシューズが、3月20日(金)から3月29日(日)の期間、「REGAL TOKYO」で厳選素材から選んでお客様好みの外観に変えることが出来るパターンオーダー受注会でオーダーすることが出来ます。
デザインはシンプルなサドルタイプもありますので、是非ご一考ください。

価格:¥60,480(税込)~(お選びになる素材によって基本価格が変わります)
お渡し予定:2015年6月中旬~

5.W118DH.JPG

  • REGAL SHOES
  • REGAL CORPORATION

backnumber

※記載の商品スペック・価格等の情報は掲載時点の情報です。