皆様こんにちは。「REGAL TOKYO」の大迫でございます。
「2018年秋のパターンオーダー会」第一弾、「REGAL Built to order system」(以下BOS)パターンオーダー会が盛況のうちに終了致しました。期間中は多くのお客様に御来店頂き、誠にありがとうございました。スエード素材が非常に豊富なパターンオーダー会も近頃珍しく、初めてのスエード素材による一足というお客様もいらっしゃいました。ご注文を頂きました靴の出来上がりを楽しみにお待ち下さい。

 

今回はBOSでご注文頂きましたラバーソールにまつわるエピソードをご紹介致します。先日のパターンオーダー会でも雪道対応の靴を準備しておきたいとご注文を頂いたお客様が選択された「ノンスリップソール」。BOSでご選択頂けるラバーソールは「ダイナイトソール」と「ノンスリップソール」がございます。ダイナイトソールはその耐久性は勿論の事、ドレスシューズに組み合わせても違和感が少なく汎用性が高い底材ですが、硬度が高い為足当たりがハードなところがあります。


ある日、ご高齢のお客様よりBOSのご注文を承りました。仕様を決めていく中で底材の話になり、ラバーソールで、足当たりの柔らかい底材をご要望でした。ダイナイトソールをご覧になった最初の感想は「重くて堅いね」でした。そこでノンスリップソールをご案内し、店頭でノンスリップソールのサンプルシューズをお試し頂いたところ、「この感じならあまり重くないし、堅さも感じにくいから大丈夫。」との事でノンスリップソールに決まりました。(※ノンスリップソールをご選択の場合、ヒールもノンスリップヒールとなります。)

約2ヵ月後、ご注文のBOSが完成し、お受取に御来店されました。お試し頂いた最初の感想は「あまり堅くないし、重さも感じない。滑りにくそうだから安心して履けそうだね。」とおっしゃって頂けました。お話をお伺いすると、足の筋力も変わってきて堅くて重い靴を履くのがつらく、かといってウォーキングシューズは見た目が機能的すぎるので、人と会う時はもう少しきちんとした靴を履いていきたいという事でした。

 

お渡しの際には、着用頻度が高いと底材の溝が早く減ってしまうのでお持ちの靴と組み合わせたご着用のおすすめと、踵が減った際はヒール交換で修理を承る旨をお話し、ご注文の靴をお持ち帰り頂きました。

レザーソール、ラバーソール其々に長所や短所があり、実はこういったメリットがあったという新しい一面をお客様からお伺いする事も多くあります。お客様の着用環境、使用目的に応じた靴選びをお手伝いさせて頂きますのでぜひREGAL TOKYOへ足をお運びください。皆様のご来店をお待ち申し上げております。

 

【ご案内】
月一回ビスポーク工房の職人が店頭に立ちお客様と直接お話しをさせて頂く機会を設けさせて頂いております。九分仕立てやビスポークについてのご相談もお受けいたしますのでお気軽にお立ち寄り下さい。
9月の日程は、9月30日(日)の予定です。
※なお、ビスポークシューズのご注文に際しましては、約1時間頂戴する為事前のご予約が必要となります。予めご了承下さい。

 

※定休日のお知らせです。
月曜日が定休日となっております。
10月は1日、15日、22日が定休日となります。
なお、10月8日(月・祝)は「LAST#50スペシャル」オーダー会
10月29日(月)は「工房職人の九分仕立てオーダー会」の為、通常営業致します。
ご来店、ご連絡の際にはご注意頂きますよう、よろしくお願い致します。

 

REGAL TOKYOのインスタグラムもご覧ください。

 

 

 

こんにちは「REGAL TOKYO」の門脇です。
只今REGAL TOKYOでは、14日(金)より、「REGAL Built to Order System」パターンオーダー会を開催中です。先日の3連休は、2階のオーダーフロアがいつにも増して賑わう程、たくさんのお客様にご来店いただきました。誠にありがとうございます。この場をお借りしてお礼を申し上げます。

 

さて、下の写真は、私が今年の春の「REGAL Built to Order System」パターンオーダー会で作った靴です。以前からワイン系の革で靴を作りたいと密かに思っていました。アニリンカーフもいいのですが、革の経年変化がより楽しめるタンドカーフのワインがあればなぁと思っていたところ、春のパターンオーダー会よりタンドカーフでワインの革が選べることになり、早速オーダーしました。

              ●価格 ¥61,560(税込)

 

デザインは、セミブローグを選んで、パターンオーダー会でのみ選べる爪先のメダリオン無し仕様にしました。アウトソールは、爪先の減りが気になるので、爪先ゴム仕様のレザーソール、そしてREGAL TOKYOの耐久ヒールにして、革底ながら実用重視の仕様を選びました。

まずは、爪先に鏡面仕上げを施して、履き始めました。メダリオンが無いだけで、随分と靴の見た目が変わるんだなぁと改めて感じました。そして、これからどんな風に革が経年変化していくのか楽しみです。 

REGAL TOKYOの「REGAL Built to Order System」パターンオーダー会では、今回、私の靴でご紹介したようにメダリオン有り無しの選択や上の写真の様にストレートチップの爪先キャップトウを親子穴有りに変更など、一部デザインで爪先のデザイン変更が出来ます。

              ●価格 ¥60,480(税込)


そして、選べる18デザイン全てで2種類の革コンビネーションがお選びいただけます。(甲革よっては、出来ない組合せがあります。)上の写真のモンクストラップは、爪先がタンドカーフのグレーで踵がアニリンカーフのブラックの組合せです。革のコンビネーションは、どのような革の種類やカラーで組み合わせるか悩ましいですが、オーダーならではの醍醐味ではないでしょうか。

REGAL TOKYOの「REGAL Built to Order System」パターンオーダー会では、通常メニューに加えて、選択できる甲革の種類や色を増やしております。REGAL TOKYOならではのパターンオーダー会で、お客様だけのこだわりの1足をお作りになりませんか!?「パターンオーダーでこんな仕様が作れないか」などのご相談を承ります。ぜひ一度お立ち寄りになってみて下さい。

 

ここの所雨模様が続いておりますが、週末の3連休は、お天気が良い予報です。パターンオーダー会は、24日(月・祝)まで開催しております。皆様のご来店をお待ちしております


【ご案内】
毎月一回、ビスポーク工房の職人が店頭に立ちお客様と直接お話しをさせて頂く機会を設けさせて頂いております。 九分仕立てオーダーやビスポークについてのご相談もお受けいたしますのでお気軽にお立ち寄り下さい。9月は、9月30日(日)の予定です。
※なお、ビスポークシューズのご注文に際しましては、1時間程頂戴する為、事前のご予約が必要となります。予めご了承下さい。


※定休日のお知らせです。
月曜日が定休日となっております。  10月は、1日、15日、22日がお休みです。
(Built to Order Systemオーダー会期間中の9月24日(月・祝)は、通常営業いたします。)
(工房職人の九分仕立てオーダー会期間中の10月29日(月)は、通常営業いたします。)
ご来店、ご連絡の際にはご注意頂きますようよろしくお願い致します。

 

REGAL TOKYOのインスタグラムもご覧下さい。

 

 

 

 

皆様こんにちは。
「REGAL TOKYO」の大迫でございます。


「2018年秋のパターンオーダー会」の第一弾「REGAL Built to order system」(以下BOS)のパターンオーダー会が、いよいよ本日より始まります。先週の「REGAL TOKYO REPORT」で今オーダー会の限定素材について詳しくご案内しておりますが、季節を象徴するスエード素材は現在のREGAL TOKYO ORIGINALシューズでは色・形ともに限られた展開数といった事もあり、事前のお問い合わせを多く頂いております。限定のスエード素材を過去に無い種類・色をご用意いたしましたので、ぜひ店頭でご覧下さい。

 

「パターンオーダー」というと、素材選びやデザイン変更、細部に至るこだわりを組合せていく事でお客様其々の個性が発揮された一足に仕上がっていきます。オーダーして頂くお客様のなかには「シンプルなデザインで遊び心のある仕様」で作りたいといった声をお聞きします。そこで今回は、2種類あるプレーントウデザインでお選びいただけるパターンオーダー会限定仕様の一例をご紹介致します。

         ●写真奥
          甲革:バーニッシュドレザー[WINE]
          素材価格:¥47,520(税込)

         ●写真手前
          甲革:スーパーバックスエード[BR]×アニリンカーフ[BR]
          組合せ価格:¥60,480(税込)
          ※アニリンカーフ素材価格¥58,320(税込)

          +甲革コンビネーションのオプション価格¥2,160(税込)
          ※価格の異なる甲革コンビネーションは甲革価格の

          高い素材に価格が設定されます。

 

まずは「外羽根プレーントウ」です。写真奥は通常お受けしている仕様です。素材の風合いを活かした端正な顔立ちで日頃よりご注文を多く頂いております。そんな「外羽根プレーントウ」の印象を変えてくれるのが写真手前の仕様です。甲革の前後で素材を変え、同系色を組み合わせる事で統一感を出しました。写真だと分かりにくいかもしれませんが、爪先にメダリオンもあしらっています。(メダリオンは、REGAL TOKYOのオーダー会期間中限定のオプションです)

         ●写真奥
          甲革:水染めコードヴァン[WINE]
          素材価格:¥99,360(税込)
         ●写真手前
          甲革:水染めコードヴァン[B]×水染めコードヴァン[WINE]
          組合せ価格:¥101,520(税込)
          ※水染めコードヴァン素材価格¥99,360(税込)

          +甲革コンビネーションのオプション価格¥2,160(税込)

 

続いては「外羽根プレーントウ(アメリカンタイプ)」、羽根の鳩目脇で切り返す仕様になっているので、写真手前のようにさりげないアクセントとして甲革コンビネーションを施してみてはいかがでしょうか。例えばスエードの甲革に鳩目脇をスムースレザー仕様で組合せると、紐を締めあげる際にスエードの摩耗を防ぐといったデザインに機能が伴う組合せも可能です。

シンプルなプレーントウのデザインが組合せ一つで様々な印象に変化するのもパターンオーダーならではの醍醐味ではないでしょうか。上の写真でご覧の通り、日頃からご注文頂けるプレーントウ2種類の仕様に加え、パターンオーダー会期間中は甲革コンビネーションの仕様が加わった4通りのオーダーが可能です。

まだREGAL TOKYOに、ご来店頂いた事が無いというお客様も新しいREGALの楽しみ方が見つかる筈です。3連休のご予定にお時間がございましたら、ぜひREGAL TOKYOへご来店下さい。BOS秋のパターンオーダー会開催期間中の9月17日と24日の月曜祝日は通常営業いたします。皆様のご来店をお待ち申し上げております。

 

【ご案内】
月一回ビスポーク工房の職人が店頭に立ちお客様と直接お話しをさせて頂く機会を設けさせて頂いております。九分仕立てやビスポークについてのご相談もお受けいたしますのでお気軽にお立ち寄り下さい。9月の日程は、9月30日(日)の予定です。
※なお、ビスポークシューズのご注文に際しましては、約1時間頂戴する為事前のご予約が必要となります。予めご了承下さい。

 

※定休日のお知らせです。
月曜日が定休日となっております。
今月9月17日(月)、24日(月)は祝日の為通常営業致します。
10月は15日、22日が定休日となります。
なお、10月8日(月・祝)は「LAST#50スペシャル」オーダー会
10月29日(月)は「工房職人の九分仕立てオーダー会」の為、通常営業致します。
ご来店、ご連絡の際にはご注意頂きますよう、よろしくお願い致します。

 

REGAL TOKYOのインスタグラムもご覧ください。

 

 

 

こんにちは「REGAL TOKYO」の門脇です。
REGAL TOKYOでは、今月から11月にかけて3種のパターンオーダー会を開催します。来週の14日(金)より第一弾「REGAL Built to order system」パターンオーダー会が始まります。本日は、それに先駆けて今回のパターンオーダー会用に、ご用意したオススメの甲革素材をご紹介いたします。
今回のパターンオーダー会では、これからの季節の装いにぴったりな暖色系カラーを中心にスエード素材をご用意いたしました。スエード素材で定評のあるCFステッド社(英)とシャラダ社(伊)のスエードです。

まず、上の写真は、CFステッド社(英)のブラック、ダークブラウン、ブラウンの3色です。CFステッド社のスエードは、通常のREGAL Built to order system(以後BOS表記)パターンオーダーでもお選び頂けますが、今回、限定でご用意したスエードは、BOSのスエードより厚みがあり、しっとりと滑らかな肌さわりのカーフスエードです。 一枚目の写真の靴は、カーフスエードのダークブラウンでお作りしたサンプル靴です。

こちらのスエードを初めて触った時の印象は、革の厚みが随分違うと感じました。上の写真の左が通常のBOSのスエードで、右が今回ご用意したカーフスエードです。これだけ厚みに違いがありますが、肌さわりがしっとり柔らかく、とても上質なスエード素材だと感じました。思わず、「このスエードで何の靴をオーダーしようか!」と物欲を掻き立てられました。

色味は通常のBOSのスエードと比べるとブラウン系に違いがあります。上の写真の上段が今回ご用意したカーフスエードで、下段がBOSのスエードです。ダークブラウンはBOSのスエードの方が濃い色目です。ブラウンは、今回ご用意したカーフスエードの方が赤みのあり、写真ではわかりにくいですが、通常のBOSのスエードよりもやや起毛感があります。

 

続いて上の写真は、シャラダ社(伊)のスエードは、グリーン、ワイン、グレーの3色をご用意する事が出来ました。シャラダ社のスエードは、とても綺麗な色目が多く、今までのパターンオーダー会でも様々な色をご用意してきました。グリーンとグレーは、以前足数限定でご用意した事がある色でございます。その際に、ご好評だった事もあり、今回新たにご用意致しました。ワインは、今回初めての色となります。 
           ●価格 ¥52,920(税込)

 

上の写真は、以前のパターンオーダー会でグリーンのスエードでお作り頂いた靴です。シャラダ社のスエードは、毛足が長めな所が特徴で、手で触ると毛並みの方向で色目の濃淡がでます。ブラックやブラウン系と違う雰囲気の靴に仕上がりますね。

 

今回ご紹介したスエードは、より多くの方にお届けしたいという思いから、足数限定ではありません。じっくりとご検討、思案いただきまして店頭にてオーダーを頂ければと思います。 

今回ご紹介したスエード素材の他に、カーフや型押し、オイル革など多数ご用意しております。8日(土)以降、革素材と靴のサンプルを店頭にてご用意出来る予定です。パターンオーダー会ならではの仕様でお作り頂けますので、皆様の嗜好に合わせた靴をお作り下さいませ。

今週も、皆様のご来店をお待ちしております。


【ご案内】
毎月一回、ビスポーク工房の職人が店頭に立ちお客様と直接お話しをさせて頂く機会を設けさせて頂いております。 九分仕立てオーダーやビスポークについてのご相談もお受けいたしますのでお気軽にお立ち寄り下さい。9月は、9月30日(日)の予定です。
※なお、ビスポークシューズのご注文に際しましては、1時間程頂戴する為、事前のご予約が必要となります。予めご了承下さい。


※定休日のお知らせです。
月曜日が定休日となっております。  9月は、3日、10日がお休みです。
(REGAL Built to order systemオーダー会期間中の9月17日(月・祝)、24日(月・祝)は、通常営業いたします。)ご来店、ご連絡の際にはご注意頂きますようよろしくお願い致します。

 

REGAL TOKYOのインスタグラムもご覧ください。

 

 

こんにちは「REGAL TOKYO」の門脇です。


先週は一時、暑さが和らぐ日がありましたが、まだまだ暑い日が続いております。皆様は、いかがお過ごしでしょうか。今年は台風が連発しており、毎日天気の動向が気になります。お客様からも「雨用の靴がもう一足必要になってきました」「お気に入りの革靴を傷めないようにしたいです!」といったお話しが増えています。私も、以前より雷が鳴って豪雨になる日が増えているように感じ、今まで以上に天気予報を気にするようになりました。雨の日対策やケア方法などご不明点があれば、お気軽にご相談ください。

 

さて、REGAL TOKYOでは、春と秋に恒例のパターンオーダー会を開催しており、今年も9月中旬から11月上旬にかけて3つのオーダー会を開催いたします。それぞれに異なる靴の仕様で、お客様の嗜好にあったオーダー会ならではの靴がお選び、お楽しみ頂けます。皆様に楽しんで頂けるように、担当者と詳細について、打合せを重ねております。本日は、『18年秋のパターンオーダー会』の日程が決まりましたので、お知らせいたします。

           ●第一弾  『REGAL Built to order system』 パターンオーダー会
           ・日程: 9月14日(金) ~ 9月24日(月・祝)11日間
           ・価格:47,520円(税込)~
           ・お渡し予定:12月下旬~
           ※写真-甲革:カーフ×スエード/色:ブラック×ブラック /69,120円(税込)

           ●第二弾  『Last#50 Special』パターンオーダー会
           ・日程:10月5日(金) ~ 10月14日(日)  10日間
           ・価格:47,520円(税込)~
           ・お渡し予定:2019年1月下旬~
           ※写真-甲革:オイルレザー×型押し革/色:ワイン×ブラウン/69,120円(税込)

            ●第三弾 『工房職人による九分仕立て』 パターンオーダー会
           ・日程:10月26日(金) ~ 11月4日(日)  10日間
           ・価格:メンズ 129,600円(税込)~  /  レディース 113,400円(税込)~
           ・ お渡し予定:2019年3月上旬~
           ※写真上(メンズ)甲革:カーフ×スエード/色:ブラック×グレー/140,400円(税込)
           ※写真下(レディース)甲革:カーフ/色:ブラウン/124,200円(税込)


それぞれのオーダー会の詳細について、追ってこのブログでご案内いたします。 「こんな靴作れるの?」「今回はどんなオーダー会なの?」など、ご質問などございましたら、お電話や店舗にお立ち寄りの際に、お気軽にスタッフへご質問ください。皆様のご来店をお待ちしております。


【ご案内】
毎月一回、ビスポーク工房の職人が店頭に立ちお客様と直接お話しをさせて頂く機会を設けさせて頂いております。九分仕立てオーダーやビスポークについてのご相談もお受けいたしますのでお気軽にお立ち寄り下さい。9月は、9月30日(日)の予定です。
※なお、ビスポークシューズのご注文に際しましては、1時間程頂戴する為、事前のご予約が必要となります。予めご了承下さい。


※定休日のお知らせです。
月曜日が定休日となっております。  9月は、3日、10日がお休みです。「REGAL Built to order system」パターンオーダー会期間中の9月17日(月・祝)、24日(月・祝)は、通常営業いたします。ご来店、ご連絡の際にはご注意頂きますようよろしくお願い致します。

 

REGAL TOKYO インスタグラムもご覧ください

 

 

 

 

こんにちは、「ビスポーク工房」の田尻です。

 

5/18(木)-6/3(日)の期間、REGAL札幌店で5回目となる9分仕立てパターンオー

ダー会を開催させて頂き、6/2(土)-3(日)は私も店頭に立たせて頂きました。

この時期の札幌は本当に気温も湿度も過ごしやすい季節で、大通りでは、多くの

人が休日を楽しんでいらっしゃいました。

 

そんな中、昨年オーダーして頂いたお客様が、靴を履いて遊びに来て下さいま

した! こちらのサドルシューズは、3足目のご注文靴(9分仕立て)で、ベースは

ホワイトスエード、サドル部分はコードヴァンのTAN色をチョイスされております。

底の仕様は、生地色のストームウェルトを全周縫い廻し、ソールの厚みはダブル

ソールでバランス良く纏められてました。

 

この日は初下ろしという事で、私に会いに、わざわざ店舗へ足を運んで下さいました!
キャンバストートバッグ×履き馴染んだデニム×サドルシューズと素敵なコーディ
ネイトで履いて頂きました。いつも有難うございます!


続いてお越し頂いたリピーターのお客様のお足元は、昨年お作りしたセミブロー
グダービーのコンビネーションです。アノネイ社(仏)のワイン色とC.F.ステッド社(英)
のサンドベージュの色合いがとても素敵ですね。

 

こちらのお客様もロールアップしたデニムに合わせられ、カジュアルさの中にもドレス
シューズの顔つきも相まって、とてもお似合いでした。

 

こちらのお客様には、ご来店当日に3足目のご注文を頂きました。

以前ブログでご紹介したチゼルトウのラスト に、革は限定素材でご用意したコリペル

社(伊)のラベンダー色のキャップトウという、とても素敵な仕様で、私もどんな靴に

なるか楽しみです。こちらも出来上がりましたら、ご紹介させて頂きます。

 

ご来店下さった方に改めて御礼申し上げます。またお会いできる日を楽しみにして

おります。

 

 

はじめまして。
四月からビスポーク工房に異動してきました富と申します。
主にアッパーの製作に携わっていきます。

 

靴の専門学校を卒業後、㈱リーガルコーポレーションに入社しました。
二年間、新潟工場で現場を経験し、今年3年目になります。
工場でリーガルブランドを中心にした既成靴の製造に
携わった経験を活かし、今までとは違う視点から、
新たな価値を提案できたらと思います。

 

お客様に、靴を作って良かったとご満足頂き、長くご愛用頂ける
ように、1足1足丁寧に作っていきたいと思います。

よろしくお願いします。

 

 

こんにちは、「REGAL TOKYO」の門脇です。

REGAL TOKYOは、REGAL SHOESの中でフルオーダーの

靴をお受けしている唯一の店舗です。「こんな靴がつくれますか?」

だとか、サイズでお困りの方など、様々なお問い合わせを頂きます。 
オーダーする靴は、出来上がりまでにお時間をいただきますが、

靴のデザインや甲革の選択、履き心地など、お客様の好みや嗜好に

合わせてお作りする事ができますので、出来上がった靴は、

また格別だと思います。

 

さて、先週のブログでご案内をいたしましたが、REGAL TOKYOでは、

25日(金)~27日(火)の3日間 「The Bespoke Gallery」を開催いたします。

 

この「The Bespoke Gallery」を開催するきっかけは、REGAL TOKYOに

かかわる開発や企画、工房職人、店舗スタッフが集まったミーティングの

時に、お客様に「Bespoke Shoes」を見て、触って、感じていただける

ような催しをやってみてはどうか!?との会話の中から生まれました。

 

今回で3回目の開催となりますが、始めは、試行錯誤の手探り状態で、

どんな企画、内容にするといいのか・・・打ち合わせを何度も重ねて開催と

なりました。 今回も開催直前までアイデアや意見を出し合いながら、
開催に間に合うように・・と今日にいたりました。

●Bespoke Shoes サンプル (甲革:コードバン)

 

「The Bespoke Gallery」は、その名の通り「Bespoke Shoes」に焦点をあてた

催しです。「Bespoke Shoes」は、デザインや素材、色や履き心地などお客様の

嗜好、世界観を職人にオーダーして製作するオンリーワンの価値の高い靴です。

●職人の実演写真(2017年「The Bespoke Gallery」)

 

「Bespoke Shoes」は、職人がお客様と打ち合わせを行い、専用の道具を

使って一針一針縫い、ハンドメイドでお作りいたします。

 

以前職人から、「製作中は、お客様に気に入っていただける最良の1足にする

為に、打合せした時の事を思い、考えながら製作している。」と聞いたことが

あります。 今回の3日間の開催中は、職人が製作工程の実演を行ったり、

お客様のお相手をいたしますので、お気軽に職人と会話がお楽しみいただけます。

 

●各色のコードバン革

 

今回の「The Bespoke Gallery」のテーマは、甲革素材の中でも革の宝石とも

言われる「コードバン」です。「Bespoke Shoes」で、革の魅力を様々な視点で

感じて見ていただけるような展示内容となっております。

 
コードバンの革は、馬のお尻部分の最も皮繊維の緻密な部分だけからしか採る

ことが出来ません。採れる大きさは、限られており、非常に希少性が高い素材で、

最近では流通量も減少傾向で、ますます高価となっております。

●仕上げ前のコードバンの甲革

 

この催しにあたり、革の製作工程を知るべく、コードバン工場を見学させて

いただきました。 見に行った感想は、人の手で革の状態を確認しながら、

とても手間と時間をかけて作られており、それは「Bespoke Shoes」と共通する

部分ではないかと思いました。 今回の催しでは、製作工程の様子を撮影した

動画と製作工程毎の革をご覧いただく事が出来ます。

 
まず、上の写真は、工場に入荷した仕上げ前のコードバンの革です。 

右と左の馬のお尻部分が繋がっていて、私達はメガネと呼んでいます。

●艶出しの「グレージング」工程をした革

 

上の写真は、「グレージング」という革に艶出しをした工程後の状態で、革の

半分に「グレージング」仕上げをおこなっていただきました。 

この工程を見た時に「いつも見ているコードバンの革になった!」と内心思い

ました。 どの様にして仕上げているのかは、この「グレージング」工程で

仕上げている様子を動画でご覧いただけます。

●コードバンシューズ(リーガルアーカイブス所蔵品)

 

それ以外にも、本社の「リーガルアーカイブス」よりお借りした歴史的に貴重なコードバン

シューズの展示等、「Bespoke Shoes」と「コードバン」にまつわる

内容となっております。 

 

日頃、「コードバン」のお手入れ方法について、お問合せを頂く事があります。

お手入れについて実演を交えてお話しも出来ると思います。

 

私も中々普段見る事が出来ない物を色々と展示しています。見て触って、

お話しをする事出来る貴重な機会だと思います。

靴好きの方、革好きの方には大変貴重で楽しめる3日間となりますので、

ぜひ、ご来店下さいませ。 皆様のご来店をお待ちしております。


※定休日のお知らせです。
月曜日が定休日となっております。 
5月は、28日がお休みです。 6月は、4日、11日、18日、25日です。
ご来店、ご連絡の際にはご注意頂きますようよろしくお願い致します。

 

 

 

こんにちは、工房の田尻です。


タイトルにありますように、5/18(金)~6/3(日)の期間、REGAL札幌で5回目となる

「九分仕立てパターンオーダー会」を開催させて頂きます。

 

今回は初めて九分仕立てのチゼルトウタイプを展開させて頂きます。
今までのラウンドトウと比べて幅が細めで甲も抑えられた木型ですので、甲が薄い

方などにお勧めです。

 

つま先は「のみ」で削ったような鋭角なスクエアトウ形状で、とても洗練されたエッジ

の効いた木型です。(*チゼルトウは23.5~27.0cmまでの対応となります)

 

また、限定素材も幾つかご用意しておりますのでそちらも是非ご覧ください。

 

昨年に引き続き、私も 6/2(土)~3(日)に店頭にお邪魔しますので、前回お作り

頂いた方なども是非お越し下さいませ。

なお、木型の微調整も可能なので、お気軽にご相談、お申し付け下さい。

 

それでは皆様にお会いできるのを楽しみにしております。


店舗情報
REGAL札幌
札幌市中央区南1条西2丁目1番1 らんたんびる
TEL.011-241-5160

 

 

  • REGAL SHOES
  • REGAL CORPORATION

backnumber

※記載の商品スペック・価格等の情報は掲載時点の情報です。