『軽やかな足元』

March 29 2019

皆様、こんにちは。「REGAL TOKYO」の大迫でございます。


2019年春のパターンオーダー会第二弾「REGAL Built to order system」(以下BOS)パターンオーダー会(以下PO会)が終了いたしました。ご注文をしていただきましたお客様に、この場をお借りしてお礼申し上げます。ご注文品の出来上がりを楽しみにお待ち下さい。

 

そして4月19日(金)~4月28日(日)は春のPO会のラストを飾る第三弾「工房職人の九分仕立て」PO会です。「平成最後」に相応しい特別仕様をご用意しておりますので、ぜひご期待下さい。詳細については、当REPORTで別途ご案内させていただきます。 

 

今週は東京のソメイヨシノが満開となり、ようやく街歩きには丁度良い季節となりました(花粉症さえなければ私にとっても嬉しい季節なのですが)。年度代わりの慌ただしい季節ですが、お休みの日には気分を変えて軽快なフットワークで歩くのはいかがでしょうか!? 今回は、そんなシーンにピッタリの靴をご紹介いたします。

●REGAL TOKYO ORIGINAL 【W541 CE】
甲革(展開色):タンドキップ(BR・DBR・NAVY)、キップ(WHIT)
底材:合成ゴム底
価格:¥37,800(税込)

 

スポーティーかつ上品さを漂わせる印象のこちらの靴は、BOSで使用している甲革素材「タンドキップ」、そしてREGAL TOKYOのBOSのみ常時オーダーが可能なホワイトの「キップ」を使用しております。

実際にこちらの甲革素材の雰囲気を気に入ってBOSをご注文して頂いたお客様もいらっしゃいます。このようにBOSで使用する甲革素材でREGAL TOKYO ORIGINALの靴を作っているのも当店の特色の一つではないでしょうか!?

 

ベージュのコットンスラックスにネイビーを合わせてみました。室内では黒に近い印象ですが、屋外ではネイビーの持つ上品な青みが表情を豊かにしてくれます。BOSで使用している甲革素材なのでドレスシューズのようなポテンシャルも併せ持っていますね。

 

 

こちらはカーキのコットンパンツにブラウンの組合せです。オーソドックスでまさに「王道」のコーディネイトですね。各色共甲革の色に合わせたシューレースを通しており、お仕事でネクタイをはずした時やアンコンジャケットにニットタイといったオフィスカジュアルのコーディネイトとしても活用して頂けます。

 

 

「REGAL TOKYO」といえばオーダーやオリジナルのドレスシューズ、そして重厚でタフなカジュアルシューズのイメージをお持ちだと思いますが、こういったソフトな雰囲気のカジュアルシューズもございます。いよいよ春本番です。軽やかな足元で皆様も「歩きたくなる道」を見つけてみてはいかがでしょうか!?それでは、今週も皆様のご来店をお待ち申し上げております。

 

 

 

 

【ご案内】
月一回ビスポーク工房の職人が店頭に立ちお客様と直接お話しをさせて頂く機会を設けさせて頂いております。九分仕立てやビスポークについてのご相談もお受けいたしますのでお気軽にお立ち寄り下さい。4月の日程は、4月28日(日)を予定しております。
※なお、ビスポークシューズのご注文に際しましては、約1時間頂戴する為、事前のご予約が必要となります。予めご了承下さい。

 

【定休日のお知らせ】
月曜日が定休日となっております。
4月は1日、8日、15日が定休日となります。
※4月22日(月)は「春のパターンオーダー会」開催期間中につき通常営業致します。
また。4月29日(月)は祝日の為通常営業致します。
ご来店、ご連絡の際にはご注意頂きますよう、よろしくお願い致します。

 

 

 

REGAL TOKYO のインスタグラムもご覧ください。

 

 

 

 

 

 

  • REGAL SHOES
  • REGAL CORPORATION

backnumber

※記載の商品スペック・価格等の情報は掲載時点の情報です。