こんにちは、「REGAL TOKYO」の門脇です。
REGAL TOKYOでは、15日(金)より春のパターンオーダー会の第2弾「Built to Order Systemパターンオーダー会」を開催しております。たくさんのお客様より、ご注文、お問い合わせをいただき、ありがとうございます。この場を借りて御礼申し上げます。

皆様、オーダーをされるに当って、デザインや甲革、色など様々靴の仕様を思案してご来店下さっています。

 

本日は、私が2018年の秋の「Built to Order Systemパターンオーダー会」で、色々思案してオーダーしたチャッカブーツをご紹介したいと思います。

 

‘18年秋のオーダー会では、初お目見えのカーフスエードをおススメの革素材としてご紹介いたしました。このカーフスエードは、革サンプルを初めて触って見たときからしっとりと滑らかな質感がとっても良くて、「この革でオーダーしたい!」と衝動に駆られました。
デザインを何にしようかと色々とサンプルを見ながら思案しました。REGAL TOKYOでBOSのデザインは、17デザインからお選び頂けるのですが、「持っていないデザインにしようか?」「BOSオーダー会で選べるつま先のデザイン変更が出来るデザインにしようか?」などと色々と悩んだ結果、愛用のチャッカブーツが傷んできたので、2代目を仕様替えでオーダーする事にしました。

上の写真の右がBOSでオーダーしたダークブラウンのチャッカブーツで、12年以上愛用してきました。以前、このブログでもご紹介させて頂きました。

最近お手入れをしていると、毛足の質感も変わって、落ちない汚れもあるので、そろそろ代替えかなぁと感じていましたが、作った2代目のチャッカブーツと並べてみると、「永く履いてきたんだなぁ」と実感しました。そして、この靴を履き始めた時は「あんな事を考えていたなぁ」と当時の自分の事を振り返り、思い返しました。12年履いたチャッカブーツは、一層愛着が増し、まだまだ手放せなくなりそうです。

2代目のチャッカブーツですが、靴底はオーダー会限定のつま先ゴム仕様の革底、ヒールはREGAL TOKYO耐久化粧と摩耗を考慮した実用仕様を選びました。そして、外羽根のデザインを選ぶ時には、地面からの突き上げを感じにくいハーフミッドソールの仕様を好んで選んでいます。

ブラウンのスエードは、レギュラーで選べるスエードとオーダー会限定のカーフスエードの2種類があり、どちらも英国製です。

上の写真の右がレギュラーのスエード、左がカーフスエードで、並べるとカーフスエードの方が赤みが感じられるブラウンです。スエードの毛足の長さは、カーフスエードの方が長く、触るとしっとりとした毛並みを感じる程です。今回、チャッカブーツで作りましたが、タッセルやローファーなどのスリッポン系で作ってもいいなぁと思っています。
1代目のダークブラウンは、秋冬シーズンに履いておりましたが、2代目の明るいブラウンは、秋冬春の3シーズン履こうと思いますので、今年の春時期に底材を馴染ませていき、秋から本格的に履きこんでいく予定です。

今回は、私のオーダーした靴についてご紹介させて頂きました。

オーダーの仕様を決めるまでに、ネットや雑誌を見る事もありますし、革や靴見本を見ながら色々と参考にします。皆様が靴をオーダーされるに当って、デザインや色の仕様選びを一緒に考えながら対応させて頂ければと思います。

BOSパターンオーダー会は24(日)まで開催しておりますが、どんな靴が作れるのか、オーダーに興味のある方も、お電話のお問い合わせや店頭で手にとって見ながら、ご案内させて頂きます。

 

今週も、皆様のご来店をお待ちしております。

 

【ご案内】
毎月一回、ビスポーク工房の職人が店頭に立ち、お客様と直接お話しをさせて頂く機会を設けさせて頂いております。
九分仕立てオーダーやビスポークについてのご相談もお受けいたしますのでお気軽にお立ち寄り下さい。3月は、3月31日(日)の予定です。
※なお、ビスポークシューズのご注文に際しましては、1時間程頂戴する為、事前のご予約が必要となります。予めご了承下さい。

 

※定休日のお知らせです。
月曜日が定休日となっております。  3月は25日がお休みです。
4月は、1日、8日、15日がお休みです。
(4月22日(月)は、「工房職人の九分仕立てパターンオーダー会」期間中につき、通常営業いたします。)
ご来店、ご連絡の際にはご注意頂きますようよろしくお願い致します。

 

REGAL TOKYOインスタグラムもご覧下さい

 

 

  • REGAL SHOES
  • REGAL CORPORATION

backnumber

※記載の商品スペック・価格等の情報は掲載時点の情報です。