こんにちは、工房の田沼です。
先月のビスポークギャラリー展では、コードヴァンという素材についてフォーカスをあてたイベントを催させていただきました。その際に大切な靴をお貸し頂き、ご協力を頂いたお客様に遅ればせながら厚く御礼申し上げます。お蔭様で多くのお客様に履きこまれたコードヴァンシューズの魅力を知っていただくことが出来ました。

 

さて、今回ご紹介するのは、紳士靴の基本とも言える「黒の内羽根キャップトウ」です。フォーマル、ビジネスシーンで大活躍をしてくれる1足です。作り手側としては木型、切り返しのライン、アッパーの縫製、底付け等色々なものが特に出る靴だと思っています。

 こちらの靴は、一見シンプルなものなので木型のバランスがとても出る(出てしまう)靴です。今回はキャップの位置を、やや後ろにしてスマート感を出した1足に仕上げました。お客様には「とても綺麗だ」とのお言葉を頂き、フィッティング、見た目ともにとてもご満足いただけました。イメージをしていらしたものにかなり近づくことが出来たのではないかと、とても嬉しい思いです。

こちらの靴は、トウキャップ部に親子穴をあけた内羽根(パンチドキャップトウバルモラル)ですが、穴飾りが入っただけでずいぶんと違うものです。お履きになるシーン、お好みに合わせ少しデザインを乗せることで表情は変わってきます。

 

お客様とのお話し合いの中で、お客様に長い間履きたいと思っていただけるような靴をご一緒に作らせて頂ければ幸いに存じます。

 

 

  • REGAL SHOES
  • REGAL CORPORATION

backnumber