皆様こんにちは。
「REGAL TOKYO」の大迫でございます。


「REGAL TOKYO REPORT」で様々な情報をご紹介する中、「大迫さんは黒い靴の担当なの?」と聞かれる事が増えました。私服との相性や黒が持つ「力強さ」に今は魅了されておりますが、勿論私も様々な革や色を取り上げて参りますので今後の「REGAL TOKYO REPORT」もぜひ楽しみにして下さい。

 

この2月に開催いたしました「2018年春のパターンオーダー会LAST#50スペシャル」にて、ご注文頂きましたお客様の靴が出来上がり、ご来店されたお客様が満面の笑みでお持ち帰り頂くお姿を拝見してこちらもいつものことながら本当に嬉しく思います。そして私が注文した靴も出来上がりました。


●REGAL TOKYO 2018年春のパターンオーダー会「LAST#50スペシャル」大迫仕様
素材:ウォータープルーフレザー(国産)・ブラック×スコッチグレインレザー(国産)・ブラック
製法:グッドイヤーウエルト式製法
底材:リッジウェイソール
価格:¥49,680(税込)
※基本価格¥47,520(税込)+有料オプション甲革コンビネーション¥2,160(税込)


申し訳ございません。今回も「黒」です…結構地味な印象に見えますが、こだわりのポイントを3つご紹介いたします。すでに着用を始めておりシワも入っておりますがご容赦下さい。


① パターンオーダー会限定仕様のUチップデザインです。


写真左はREGAL TOKYO ORIGINAL W558CCです。LAST#50の代名詞的モデルですが、大迫仕様はモカシン部分が革の栽断面を活かした縫い合わせの作りに違いがあります。

そして踵には飾りステッチを施しています。このUチップはパターンオーダー会限定デザインとなっており、折角の機会なのでこのデザインを選択しました。


② 同色の「型押し革」でコンビネーションと「外鳩目」の仕様です。


パターンオーダー会では「甲革のコンビネーション」も楽しみの一つです。素材違い、色違い等の組合せと様々ですが、私は「ウォータープルーフレザー」と甲部分にツブが細かい「スコッチグレインレザー」を組み合わせてみました。そして太い紐にもアレンジしやすいように「外鳩目」にしました。


③グッドイヤーウエルト式製法で少しすっきり。


リッジウェイソールを装着する為、「グッドイヤーウエルト式製法」に裁断面が丸く処理された「ストーム」の細革を組合せました。左のW558CCと比べ底廻りがすっきりしました。着用時はこういった感じです。


完成して間もないですが、早く馴染ませようと仕事でもどんどん履いています。そして休日に以前から気になっていた場所へ出かけました。


白洲次郎の住まいだった「武相荘」です。一歩足を踏み入れると厳しい暑さだったにも拘わらず非常に心地良く、時間の流れもゆっくりと感じられました。敷地内は母屋、ガレージを中心にちょっとした散策路もあり、様々な路面に対応した今回の靴はぴったりでした。「新しい靴を履きおろす」というのは本当に嬉しい気分になります。お選びになった靴が皆様のシューズライフをより楽しいものになるよう私達も精一杯お手伝いをさせて頂きますので、お気軽にご相談下さい。

 

※本日より、REGAL TOKYO ORIGINAL商品の中で、入荷終了に伴いサイズ・在庫が少量となりました商品を割引価格にて販売いたします。色・サイズ・足数に限りがございますので、ご購入を検討されていた商品がその対象になっている場合もございますので、お時間がございましたら、ぜひお立ち寄り下さい。

 

【ご案内】
月一回ビスポーク工房の職人が店頭に立ちお客様と直接お話しをさせて頂く機会を設けさせて頂いております。九分仕立てやビスポークについてのご相談もお受けいたしますのでお気軽にお立ち寄り下さい。
7月の日程は、7月29日(日)の予定です。
※なお、ビスポークシューズのご注文に際しましては、約1時間のお時間を頂戴する為、事前のご予約が必要となります。予めご了承下さい。

 

※定休日のお知らせです。
月曜日が定休日となっております。
7月は2日、9日、23日、30日が定休日となります。
※なお、7月16日(月)は祝日の為通常営業致します。
ご来店、ご連絡の際にはご注意頂きますよう、よろしくお願い致します。

 

 

 

  • REGAL SHOES
  • REGAL CORPORATION

backnumber