皆様こんにちは。
「REGAL TOKYO 」の大迫でございます。


先週末に開催いたしました、「ビスポークギャラリー」には多くのお客様に、

ご来店頂き、誠にありがとうございました。テーマの一つである「コードバン」

では、染色の過程を経て職人の手で靴の形になっていく工程を、皆様がじっくりと

ご覧頂いている様子を拝見して、改めてビスポークシューズ、そしてコードバン

素材への関心の高さを伺い知る事が出来ました。

 

5月もゴールデンウィークが終わりますと、皆様の休日の過ごし方もリラックス

される方が多いのではないでしょうか!? そこで今回はREGAL TOKYO

ORIGINAL商品から、肩の力を少し抜いて履いて頂ける商品をご紹介致します。

●REGAL TOKYO ORIGINAL 【W541 CE】レザースニーカー
甲革・色:牛革(焦がし仕上げ)/BR、DBR、NAVY・(型押し)/WHIT
底材:合成ゴム
製法:グッドイヤーウエルト+セメンテッド式製法
価格:¥37,800(税込)

 

REGAL TOKYOといえば「革底のドレスシューズ」や「オーダーシューズ」を思い
浮かべるお客様が多いと思いますが、こちらのレザースニーカーは仕様変更を
繰り返しながら現在に至るカジュアルシューズの定番デザインでございます。

 

今回は、この靴に合わせたコーディネートの一例をご紹介致します。

ダークブラウンは濃いベージュのコットンスラックスで、裾はダブルの

折り返し。センタープレスをしっかり入れてきちんとした印象を残した

コーディネート例。

ブラウンはグレーのコットンパンツで、裾はステッチ仕上げ。お仕事での

着用をイメージしてセンタープレスを入れたコーディネート例。

裾をロールアップしてソックスとのコーディネートもお楽しみ頂けます。

ブラウンとダークブラウンは、ビジネスカジュアルを意識して購入を検討される

客様が多い中、ネイビーとホワイトはこれからの季節のカジュアルな装いに

お薦めです。

 

店頭でもスタッフがホワイトを着用している機会もございますので、コー

ディネートスタイルのご参考になるかも知れません。

以前は、お休みの日にリラックスしながらも、程よくきちんと感を出せる1足として

人気がある靴でしたが、ワークスタイルの変化やファッションのカジュアル化が進み

こういったレザースニーカーを履いて、フットワーク良くお仕事をこなしていらっしゃる

方も増えているようです。

 

クールビスが叫ばれる昨今、幅広いコーディネートに合わせられる1足とし

て上品なレザースニーカーを選んでみてはいかがでしょうか。

 

皆様のご来店をお待ち申し上げております。

 

※定休日のお知らせです。
月曜日が定休日となっております。
6月は4日、11日、18日、25日が定休日となります。
ご来店、ご連絡の際にはご注意頂きますよう、よろしくお願い致します。

  • REGAL SHOES
  • REGAL CORPORATION

backnumber