皆様こんにちは。「REGAL TOKYO」の大迫でございます。

 

2月25日(日)まで開催しておりました「2018年春のパターンオーダー会」の第一弾

「LAST#50スペシャル」パターンオーダー会にはたくさんのお客様にご来店頂き

まして、誠にありがとうございました。


いつもご注文を頂きますお客様、そして以前からご興味をお持ちくださり今回初めて

ご注文を頂いたお客様には出来上がりを楽しみにお待ち下さい。
また、今回開催期間と都合があわずご来店出来なかったお客様には次の機会に

ご来店をお待ちしております。

 

今回のパターンオーダー会では「サドルシューズ」のご注文を多く頂きましたが、

日頃からお客様より「ドレススタイルでサドルシューズを履いてみたい。」というお話も

伺っていました。
「靴があまり際立たない感じ」「さりげないコンビネーションのサドルシューズ」等々…。

ということで、お待たせ致しました。


REGAL TOKYO ORIGINAL【W15R サドルシューズ】
展開色:ブラック、ダークブラウン
底材:レザーソール + REGAL TOKYO ORIGINAL耐久ヒール
製法:グッドイヤーウエルト式製法
価格:¥46,440(税込)

 

先週、このREGAL TOKYO REPORTでご紹介いたしました【W14R 内羽根プレーン

トウ】に続く新製品は「サドルシューズ」です。

 

先に挙げたお客様の声を基に3つのポイントをご紹介します。


① 「ドレスアップした着こなしが容易です」
サドルシューズでは紐を通すハト目が表に出ているものを多く見られますが、新製品は

ハト目を裏の仕様にしてカジュアルの印象を抑えました。
②「靴のボリューム感を控えめにしました」
底廻りの「出し縫い糸」を目立たないように仕上げ、且つ「ハーフミッドソール」にする事で

最小限の「重厚感」を保ちました。

② 「さりげないコンビネーションが粋です」
光沢感が上品な「グレージングキップ」の素材をベースに、REGAL TOKYOで評判の

「手もみ革」を組合せたコンビネーションが「ドレスタイプのサドルシューズ」にふさわしい

仕上がりです。



いかがでしょうか。厳しい寒さからようやく開放されつつあるこれからの時期、ご紹介

致しましたサドルシューズは新たな季節の足元に新鮮な印象を与えてくれそうです。


二週に渡ってご紹介致しました「REGAL TOKYO ORIGINAL ‘18春の新製品」をぜひ

店頭でご覧下さい。
それでは、今週も皆様のご来店をお待ち申し上げております。

 

※定休日のお知らせです。
月曜日が定休日となっております。
3月は、5日、12日、26日が定休日となります。
なお、3月19日(月)は「REGAL Built to order system」パターンオーダー会の為

通常営業いたします。
ご来店、ご連絡の際にはご注意頂きますよう、よろしくお願い致します。

 

 

  • REGAL SHOES
  • REGAL CORPORATION

backnumber