皆様こんにちは。
「REGAL TOKYO」の大迫でございます。
突然ですが、皆様はどんな靴のデザインが好きですか?私は「外羽根のショートウイングチップ」(以下ショートウイング)が好きです。個人的に20年程お付き合いしている服のブランドが展開している靴のスタイルに、多く用いられている事に影響されているのかも知れません。現在、REGAL TOKYO ORIGINALで展開している「ショートウイング」は3種類。今回は、其々特徴のある個性的な靴をご紹介致します。

●REGAL TOKYO ORIGINAL【W183 DJ】
素材:牛革(ガラス仕上げ)
展開色:B・WINE
製法:グッドイヤーウエルト式製法
底材:レザーソール
価格:¥43,200(税込)

艶やかなガラス仕上げの甲革にウエルトの縫い回しが施された厚みのある底材の組合せ。最も「REGAL」のイメージが体現されたデザインです。

●REGAL TOKYO ORIGINAL【W05R DE】
素材:牛革(仏)
展開色:B・DBR
製法:グッドイヤーウエルト式製法
底材:レザーソール(ハーフミッドソール)
価格:¥48,600(税込)

エッジが際立ったデザインとチゼルトウがビスポークスタイルの靴を連想させる、今回ご紹介する3種類のショートウイングでは一番シャープなシルエットです。

●REGAL TOKYO ORIGINAL【W987 EB】
素材:牛革(仏)
展開色:B・BR
製法:グッドイヤーウエルト式製法
底材:レザーソール(栃木レザーベンズ)
価格:¥56,160(税込)

端正な顔立ちで、羽根の栽断面がギザ抜きではなく切り離し仕様でウイングチップの持つ迫力が控えめになり軽やかな印象に仕上がっています。ブラウンは其々のデザインで異なる色の甲革と底材の厚みにより様々な表情が楽しめます。

※写真上から
【W987 EB】瑞々しいブラウンにシングルソールが上品な雰囲気。
【W05R DE】ドライな雰囲気のダークブラウンにハーフミッドソールで幅広いコーディネイトに対応。
【W183 DJ】艶やかなワインとダブルソールは足元の安定感が抜群。

例年より早い梅雨明けで軽装の期間もより長くなりそうですが、シンプルなコーディネイトのアクセントとして、また一年を通じて様々な服装に相性抜群な「外羽根のショートウイング」。ぜひ、皆様の足元に一足いかがでしょうか。

 

 

※只今、REGAL TOKYO ORIGINAL商品の中で、入荷終了に伴いサイズ・在庫が少量となりました商品を割引価格にて販売しております。色・サイズ・足数に限りがございますが、ご購入を検討されていた商品がその対象になっている場合もございますので、お時間がございましたら、ぜひお立ち寄り下さい。

 

 

【ご案内】
月一回ビスポーク工房の職人が店頭に立ちお客様と直接お話しをさせて頂く機会を設けさせて頂いております。九分仕立てやビスポークについてのご相談もお受けいたしますのでお気軽にお立ち寄り下さい。
7月の日程は、7月29日(日)の予定です
※なお、ビスポークシューズのご注文に際しましては、約1時間頂戴する為事前のご予約が必要となります。予めご了承下さい。

 

 

※定休日のお知らせです。
月曜日が定休日となっております。
7月は23日、30日が定休日となります。
※なお、7月16日(月)は祝日の為通常営業致します。
ご来店、ご連絡の際にはご注意頂きますよう、よろしくお願い致します。

 

 

こんにちは、「REGAL TOKYO」の門脇です。

 

梅雨の雨が続いて、雨用の靴を買い足そうかと思っていたところで、東京では一転猛暑の日差しとなり、観測史上最速の梅雨明けとなりました。 今年は、蒸し暑い夏の時期が長く続くのかと思うと、ちょっと気が滅入りそうですが、お気に入りの革靴を履けるので、よしとします。


さて、気分転換もあって、ローテーションで履いている愛用の靴の雰囲気を変えたくなり、今一度鏡面仕上げをしてみたり、エイジングを施してみたりしています。でも鏡面仕上げやエイジングは、時間と手間が掛かりますよね。 もっとお手軽に雰囲気を変えたい方におススメなのが、シューレースを変えてみる事です。

上の写真は、左の靴より、ブルー、グレー、レッド、ホワイト、ピンクのカラーシューレースに変えてみました。 いかがでしょうか、それぞれの靴の印象が変わりませんか?  例えば、結婚式の二次会やパーティなどのシーンで、ブラックの革靴にカラーシューレースを合わせるとか、クールビズスタイルの革靴にカラーシューレースを合わせて、明るい印象に変えてみる等、靴のシューレースをカラーシューレースに変えるだけで、靴の印象が変わります。

上の写真は、ホワイトのレザースニーカーのシューレースをレッドに交換してみました。普段のお休みにお履きになっているスニーカー等、カジュアルシューズの意匠替えにもおススメです。

今年は、愛用の靴の中からいくつか変えてみようと思い、上の写真の愛用しているワインの革靴には、深紅のシューレースを合わせてみました。 清涼感のあるブルーとも考えたのですが、オールシーズンに履く靴と同色系にしようと、この色のシューレースに決めました。

もう一足、ブラウンの革靴には、カーキのカラーシューレースを合わせてみました。 よりカジュアル感が増したので、チノやジーンズなどカジュアルスタイルに合わせたいと思います。

 

いかがでしょうか。 ぜひ、軽やかな夏の装いに併せて、ご愛用している靴のシューレースをカラーシューレースに変えてみては、いかがでしょうか。 お値段は、1足分 ¥864(税込)です。 ご興味をお持ちの方は、ご検討している靴のシューレースをご持参いただくか、シューレースの長さを計ってからご来店下さいませ。

 

それでは、皆様のご来店をお待ちしております。

 

 

【ご案内】
月一回ビスポーク工房の職人が店頭に立ちお客様と直接お話しをさせて頂く機会を設けさせて頂いております。九分仕立てやビスポークについてのご相談もお受けいたしますのでお気軽にお立ち寄り下さい。7月の日程は、7月29日(日)の予定です
※なお、ビスポークシューズのご注文に際しましては、約1時間のお時間を頂戴する為、事前のご予約が必要となります。予めご了承下さい。

 
※定休日のお知らせです。
月曜日が定休日となっております。
7月は9日、23日、30日が定休日となります。
※なお、7月16日(月)は祝日の為通常営業致します。
ご来店、ご連絡の際にはご注意頂きますよう、よろしくお願い致します。

 

 

 

 

こんにちは、工房の田沼です。
先月のビスポークギャラリー展では、コードヴァンという素材についてフォーカスをあてたイベントを催させていただきました。その際に大切な靴をお貸し頂き、ご協力を頂いたお客様に遅ればせながら厚く御礼申し上げます。お蔭様で多くのお客様に履きこまれたコードヴァンシューズの魅力を知っていただくことが出来ました。

 

さて、今回ご紹介するのは、紳士靴の基本とも言える「黒の内羽根キャップトウ」です。フォーマル、ビジネスシーンで大活躍をしてくれる1足です。作り手側としては木型、切り返しのライン、アッパーの縫製、底付け等色々なものが特に出る靴だと思っています。

 こちらの靴は、一見シンプルなものなので木型のバランスがとても出る(出てしまう)靴です。今回はキャップの位置を、やや後ろにしてスマート感を出した1足に仕上げました。お客様には「とても綺麗だ」とのお言葉を頂き、フィッティング、見た目ともにとてもご満足いただけました。イメージをしていらしたものにかなり近づくことが出来たのではないかと、とても嬉しい思いです。

こちらの靴は、トウキャップ部に親子穴をあけた内羽根(パンチドキャップトウバルモラル)ですが、穴飾りが入っただけでずいぶんと違うものです。お履きになるシーン、お好みに合わせ少しデザインを乗せることで表情は変わってきます。

 

お客様とのお話し合いの中で、お客様に長い間履きたいと思っていただけるような靴をご一緒に作らせて頂ければ幸いに存じます。

 

 

皆様こんにちは。
「REGAL TOKYO」の大迫でございます。


「REGAL TOKYO REPORT」で様々な情報をご紹介する中、「大迫さんは黒い靴の担当なの?」と聞かれる事が増えました。私服との相性や黒が持つ「力強さ」に今は魅了されておりますが、勿論私も様々な革や色を取り上げて参りますので今後の「REGAL TOKYO REPORT」もぜひ楽しみにして下さい。

 

この2月に開催いたしました「2018年春のパターンオーダー会LAST#50スペシャル」にて、ご注文頂きましたお客様の靴が出来上がり、ご来店されたお客様が満面の笑みでお持ち帰り頂くお姿を拝見してこちらもいつものことながら本当に嬉しく思います。そして私が注文した靴も出来上がりました。


●REGAL TOKYO 2018年春のパターンオーダー会「LAST#50スペシャル」大迫仕様
素材:ウォータープルーフレザー(国産)・ブラック×スコッチグレインレザー(国産)・ブラック
製法:グッドイヤーウエルト式製法
底材:リッジウェイソール
価格:¥49,680(税込)
※基本価格¥47,520(税込)+有料オプション甲革コンビネーション¥2,160(税込)


申し訳ございません。今回も「黒」です…結構地味な印象に見えますが、こだわりのポイントを3つご紹介いたします。すでに着用を始めておりシワも入っておりますがご容赦下さい。


① パターンオーダー会限定仕様のUチップデザインです。


写真左はREGAL TOKYO ORIGINAL W558CCです。LAST#50の代名詞的モデルですが、大迫仕様はモカシン部分が革の栽断面を活かした縫い合わせの作りに違いがあります。

そして踵には飾りステッチを施しています。このUチップはパターンオーダー会限定デザインとなっており、折角の機会なのでこのデザインを選択しました。


② 同色の「型押し革」でコンビネーションと「外鳩目」の仕様です。


パターンオーダー会では「甲革のコンビネーション」も楽しみの一つです。素材違い、色違い等の組合せと様々ですが、私は「ウォータープルーフレザー」と甲部分にツブが細かい「スコッチグレインレザー」を組み合わせてみました。そして太い紐にもアレンジしやすいように「外鳩目」にしました。


③グッドイヤーウエルト式製法で少しすっきり。


リッジウェイソールを装着する為、「グッドイヤーウエルト式製法」に裁断面が丸く処理された「ストーム」の細革を組合せました。左のW558CCと比べ底廻りがすっきりしました。着用時はこういった感じです。


完成して間もないですが、早く馴染ませようと仕事でもどんどん履いています。そして休日に以前から気になっていた場所へ出かけました。


白洲次郎の住まいだった「武相荘」です。一歩足を踏み入れると厳しい暑さだったにも拘わらず非常に心地良く、時間の流れもゆっくりと感じられました。敷地内は母屋、ガレージを中心にちょっとした散策路もあり、様々な路面に対応した今回の靴はぴったりでした。「新しい靴を履きおろす」というのは本当に嬉しい気分になります。お選びになった靴が皆様のシューズライフをより楽しいものになるよう私達も精一杯お手伝いをさせて頂きますので、お気軽にご相談下さい。

 

※本日より、REGAL TOKYO ORIGINAL商品の中で、入荷終了に伴いサイズ・在庫が少量となりました商品を割引価格にて販売いたします。色・サイズ・足数に限りがございますので、ご購入を検討されていた商品がその対象になっている場合もございますので、お時間がございましたら、ぜひお立ち寄り下さい。

 

【ご案内】
月一回ビスポーク工房の職人が店頭に立ちお客様と直接お話しをさせて頂く機会を設けさせて頂いております。九分仕立てやビスポークについてのご相談もお受けいたしますのでお気軽にお立ち寄り下さい。
7月の日程は、7月29日(日)の予定です。
※なお、ビスポークシューズのご注文に際しましては、約1時間のお時間を頂戴する為、事前のご予約が必要となります。予めご了承下さい。

 

※定休日のお知らせです。
月曜日が定休日となっております。
7月は2日、9日、23日、30日が定休日となります。
※なお、7月16日(月)は祝日の為通常営業致します。
ご来店、ご連絡の際にはご注意頂きますよう、よろしくお願い致します。

 

 

 

こんにちは、「REGAL TOKYO」の門脇です。
梅雨空が続いて、毎日の装い選びに悩む事もありますね。寒暖の差もあって、
体調を崩さないように気を使いますが、皆様いかがお過ごしでしょうか。

 

さて、本日は、「REGAL Built to order system」パターンオーダーのお話です。
「何色の靴を購入しようか?」、「何色の靴をオーダーしようか?」 靴の「色」と
いうのは、購入やオーダーをする際に、最初に検討する事ではないでしょうか。


今回、なぜ「色」について、お話しするのかと言いますと、この春先からパターン
オーダーを承っていると、「Navy Suede」の甲革でオーダーする方が例年よりも
多いと感じているからなのです。 

ネイビーの甲革は、元々パターンオーダー会限定でご用意していましたが、会を
重ねるごとにお選びになる方も増えて、レギュラー展開を望む声が増えてきました。
そして現在、REGAL TOKYOでは、「アニリンカーフ」と「スエード」のネイビー
が常時オーダー出来るようになりました。 お客様の中には、ネイビーの革靴を探し
てご来店になる方も増えてきましたので、随分とネイビー色が定着してきたと実感
しております。

                        ●価格 ¥60,480 (税込)

 

最初に、ご紹介する靴は、ブラウン色のアニリンカーフとネイビースエードのコンビ
シューズです。 レッドのライニングがアクセントになり、出来上がりを見た時には、
オーダーならではの甲革の組み合わせで、スタッフ内でも好評でした。 さて、どんな
装いのコーディネートでお出かけになるのでしょうか、楽しみですね!

                        ●価格 ¥51,840 (税込)

 

上の写真のサイドエラスティックは、「脱ぎ履きしやすい上に、足元が内羽根式の
セミブローグのようにドレッシーに見える」からとお選びになる方が多いデザインです。
これから暑くなる季節には、軽くなる装いに合わせてローファー等のスリッポン系も

良いですがシンプルで上品さのあるサイドエラスティックはいかがでしょうか!?
リネン素材やホワイトパンツに映えるデザインだと思います。

                        ●ビットとサドルシューズ 

 

REGAL TOKYOでは、「REGAL Built to order system」パターンオーダーの中で、
当店限定でお選びいただけるメニューがいくつかあります。 「アニリンカーフ」と

「スエード」のネイビー色もその中の一つですが、他に上の写真のようなサドル

シューズとビットのデザインも常時オーダーする事が出来るメニューです。

 

そして、最初にご紹介したウイングチップAタイプの他にUチップ、ストレートチップ
メダリオン、ダブルモンクストラップ、ウイングタッセル、サドルシューズの6種類の
デザインに限り、2種類の甲革コンビネーションがお選びいただけます。

(オプション¥2,160(税込)) 
他にも耐久化粧やライニングカラー、ソールステインなどが限定仕様としてお選び

になれます。

REGAL TOKYOでは、上の写真の様にデザインや甲革の見本が充実していま

すので、お手に取ってご覧いただく事が出来ます。 日頃からご来店いただいた

お客様から、様々なご相談をうかがっています。

「こんな靴が欲しい。」「こんな靴がオーダーできませんか?」

などありましたら、お気軽に当店へご相談、お立ち寄りくださいませ。

皆様のご来店をお待ちしております。


【ご案内】
今月より、月一回、ビスポーク工房の職人が店頭でお客様のお話しを承ることに
なりました。九分仕立てやビスポークについてのご相談も承りますので、お気軽に
お立ち寄り下さい。 

今月は、6月24日(日)を予定しております。

※なお、ビスポークシューズのご注文に際しましては、1時間ほどのお時間を
いただいていますのでで、今まで通りご予約をお願いしております。
予めご了承下さい。
 
 
※定休日のお知らせです。
月曜日が定休日となっております。 6月は25日が定休日です。
7月は2日、9日、23日、30日が定休日となります。
※なお、7月16日(月)は祝日の為通常営業致します。
ご来店、ご連絡の際にはご注意頂きますよう、よろしくお願い致します。

 

 

こんにちは、「ビスポーク工房」の田尻です。

 

5/18(木)-6/3(日)の期間、REGAL札幌店で5回目となる9分仕立てパターンオー

ダー会を開催させて頂き、6/2(土)-3(日)は私も店頭に立たせて頂きました。

この時期の札幌は本当に気温も湿度も過ごしやすい季節で、大通りでは、多くの

人が休日を楽しんでいらっしゃいました。

 

そんな中、昨年オーダーして頂いたお客様が、靴を履いて遊びに来て下さいま

した! こちらのサドルシューズは、3足目のご注文靴(9分仕立て)で、ベースは

ホワイトスエード、サドル部分はコードヴァンのTAN色をチョイスされております。

底の仕様は、生地色のストームウェルトを全周縫い廻し、ソールの厚みはダブル

ソールでバランス良く纏められてました。

 

この日は初下ろしという事で、私に会いに、わざわざ店舗へ足を運んで下さいました!
キャンバストートバッグ×履き馴染んだデニム×サドルシューズと素敵なコーディ
ネイトで履いて頂きました。いつも有難うございます!


続いてお越し頂いたリピーターのお客様のお足元は、昨年お作りしたセミブロー
グダービーのコンビネーションです。アノネイ社(仏)のワイン色とC.F.ステッド社(英)
のサンドベージュの色合いがとても素敵ですね。

 

こちらのお客様もロールアップしたデニムに合わせられ、カジュアルさの中にもドレス
シューズの顔つきも相まって、とてもお似合いでした。

 

こちらのお客様には、ご来店当日に3足目のご注文を頂きました。

以前ブログでご紹介したチゼルトウのラスト に、革は限定素材でご用意したコリペル

社(伊)のラベンダー色のキャップトウという、とても素敵な仕様で、私もどんな靴に

なるか楽しみです。こちらも出来上がりましたら、ご紹介させて頂きます。

 

ご来店下さった方に改めて御礼申し上げます。またお会いできる日を楽しみにして

おります。

 

 

皆様こんにちは。
「REGAL TOKYO」の大迫でございます。
梅雨まっただ中で「レインファッション」や「雨の日用の靴」といった話題が中心になる

季節ですが、今回は靴のコーディネイトに欠かせない「ベルト」をご紹介致します。

 

靴にマッチしたベルトを探すのに苦労するというお客様の声をお聞きしますが、

ぜひご参考にしてみて下さい。

●REGAL TOKYO ORIGINAL【TB99AC】 カーフベルト
素材:牛革(仏)
色:ブラック・ネイビー・ブラウン・ライトブラウン・ダークブラウン・ワイン
ウエストサイズ:80・83・85・88・90・95cm
価格:¥14,040(税込)

※83cm/88cmは、ブラックのみ       
※95cmまでの長さ調整可能なフリーサイズもございます。

 

フランス・アノネイ社の上質な革を使用したオーソドックスなタイプのベルトです。

素材の良さを味わって頂けるように、デザインはシンプルに仕上げています。


2018年春夏の新製品としてご紹介しております写真の靴ですが、向かって左の

ローファー【W17R】は、焦がし仕上げを強めに入れてやや濃い色合いに仕上が

っておりますが、このベルトとの相性が良い靴になります。また、向かって右の

タッセルスリッポン【W13R】は、国産の牛革を甲革に使用しておりますが、靴

とベルトとの色合いがベストマッチです。

 

「REGAL Built to order system」のREGAL TOKYOオリジナルメニューとしてご注文

頂ける「アニリンカーフ」のネイビーカラーですが、同色・同素材となるこちらのベルト

がコーディネイトにぴったりです。

●REGAL TOKYO ORIGINAL【TB99AB】手もみ革ベルト
素材:牛手もみ革(国産)
色:ブラック・ネイビー・ダークブラウン
ウエストサイズ:80・85・90・95cm
価格:¥12,960(税込)

 

REGAL TOKYOではお馴染みの「期間限定パターンオーダー会」で、毎回人気

の手もみ革ですが、お客様からのリクエストを数多く頂き、時間は掛かりましたが

ようやく製品化となったベルトです。

この「国産手もみ革」ですが、今ではREGAL TOKYO ORIGINALシューズにも

使用され、REGAL TOKYOといえば、この素材を思い浮かべるお客様も多い

のではないでしょうか。

ご紹介した2種類のベルトですが、上の「カーフベルト」は主張を控えめにして

いるのでフォーマルからビジネスに対応出来ます。また、「手もみ革ベルト」は

バックルがやや大きく、ベルト幅もやや広くとりビジネスからカジュアルといった

普段使いに適しています。


今からご検討される靴や、今ご使用中の靴に合わせたベルトのコーディネイト

にお困りでしたらぜひご相談下さい。色や素材のご提案はもちろん、ちょっと

した遊び心のあるコーディネイト提案もさせて頂きます。

 

お足下の悪い日も続きますが、ぜひREGAL TOKYOへお立ち寄り下さい。
皆様のご来店をお待ち申し上げております。

 

 

【ご案内】
今月より、月一回、ビスポーク工房の職人が店頭に立ち、お客様と直接お話し

をさせて頂く機会を設けさせて頂きます。九分仕立てやビスポークについての

ご相談もお受けいたしますのでお気軽にお立ち寄り下さい。
今月の日程は、6月24日(日)の予定です。

※なお、ビスポークシューズのご注文につきましては、通常通り事前の
ご予約が必要となりますので予めご了承下さい。

 

 

 

※定休日のお知らせです。
月曜日が定休日となっております。
6月は18日、25日が定休日となります。
7月は2日、9日、23日、30日が定休日となります。
※なお、7月16日(月)は祝日の為通常営業致します。
ご来店、ご連絡の際にはご注意頂きますよう、よろしくお願い致します。

 

 

はじめまして。
四月からビスポーク工房に異動してきました富と申します。
主にアッパーの製作に携わっていきます。

 

靴の専門学校を卒業後、㈱リーガルコーポレーションに入社しました。
二年間、新潟工場で現場を経験し、今年3年目になります。
工場でリーガルブランドを中心にした既成靴の製造に
携わった経験を活かし、今までとは違う視点から、
新たな価値を提案できたらと思います。

 

お客様に、靴を作って良かったとご満足頂き、長くご愛用頂ける
ように、1足1足丁寧に作っていきたいと思います。

よろしくお願いします。

 

 

こんにちは、「REGAL TOKYO」の門脇です。
今週、関東も梅雨入りしました。お出かけすると、思いもよらない雨模様に

あってしまう事もあるので、こまめな天気予報の確認が必要ですよね。 

5月下旬になって、お店近くの紫陽花が咲きました。 今年は、例年よりも少し

早かったように感じます。 紫陽花が咲きますと、梅雨の時期が近付いている事

を感じますが、ジメジメした季節となり靴には、とても嫌な時期となります。

 

この季節になりますと、店舗には、事前に雨の日用の靴をお探しにご来店になる

お客様も増えてきます。昨年から、お客様より、「雨の日用の靴をもう1足買い

足そうかと思って・・」というお話を伺うことが増えてきましたが、実は私も、もう1足

買い足そうかと検討していました。

 

最近は、季節の変わり目、天候が急に変化する事を感じますし、これからの梅雨

や雨模様もどのようになるのか気になるので、購入を検討しています。

       ●REGAL TOKYO ORIGINAL 【手もみ革シリーズ】 価格:¥43,200(税込)

 

私がずっと、候補として考えているのは、デビューしてからお客様よりご好評頂いて

おります、上の写真のREGAL TOKYO ORIGINALの「手もみ革」シリーズです。  

 

私がこの靴を好きなポイントは、いくつかございますが、一つは、この甲革です。 

細かなシボの型押しが特徴ですが、職人が四方から揉んで作っているところから

「手もみ革」という名が付きました。お手入れを施す程に経年変化があり、傷を

あまり気にする事がいらないところも、好きなポイントです。

 

もう一つ好きなポイントは、程よいラウンドトウのつま先が、最近の私の好みの

デザインであること、そして革底をいつも愛用している私としては、ダブルソール

のダイナイトソールが、雨の日に安心な点です。

            ●W193 ダークブラウン

            ●W194 ダークブラウンスエード

 

このシリーズの中でも、茶系の靴が好みなので、上の写真のダークブラウン色の

Uチップとダブルモンクストラップのスエードが候補の2足です。

 

スエードは、雨の日が苦手な甲革と思われがちですが、ウォータープルーフスプ

レーやスエードスプレーをかけておくと、蓮の葉の様に水玉ができて、水を弾い

てくれます。

 

しばらく良い天気が続いていたので、購入を保留にしていたのですが、梅雨時期

が近づいて、お客様と雨用の靴についてお話ししているうちに、自分も購入を改め

て考えるようになりました。

            ●REGAL TOKYO ORIGINAL  【W16R】  ¥37,800(税込)

 

そんな中で、先日ご紹介いたしましたゴアッテクス®ファブリクスを搭載した新商品

が入荷しました。以前より入荷する事は、知っていたのですが、幅が細くて甲も低め

の私の足には合わないかもと思っており、雨用にとは考えておりませんでした。

 

入荷してから試し履きしてみると、思いのほかフィッティングが合い、雨用の候補

となりましたし、益々お客様にオススメしたくなりました。カラーは、やはりムラ感

のあるダークブラウンが好みですね。 

 

            ●W16R ダークブラウン

 

エッジの効いたシャープな爪先でシンプルなホールカットデザインは、入荷して以来

お客様からも好評で、今までの所、ブラックとダークブラウンほぼ同足数売れており、

お客様によっては、カラーでお悩みになる方もいらっしゃいます。

 

年々、ゲリラ豪雨の様な強い雨模様も増えていますので、買い足すには、
ゴアッテクス®ファブリクスもありだなぁと思い、悩んでおります。 
雨の日は、傘を持ったりと手荷物が増えますし、安心して履ける靴があると良い

ですよね。

 

この時期は、私の様に検討している方が多いと思います。他にもおオススメの靴が

ございますので、雨用の靴をお探しの方は、どうぞご相談くださいませ。

皆様のご来店をお待ちしております。


※定休日のお知らせです。
月曜日が定休日となっております。  6月は、11日、18日、25日です。
ご来店、ご連絡の際にはご注意頂きますようよろしくお願い致します。

  • REGAL SHOES
  • REGAL CORPORATION

backnumber

rss