皆様こんにちは。「REGAL TOKYO」の大迫でございます。


唐突ですが、今回のReportのタイトルにあります「爪先余裕の長い靴」は、世間一般で

「ロングノーズ」と呼ばれているスタイルです。

靴のデザインとして一時代を築き、もはや定着したシルエットですね。
REGAL TOKYO ORIGINALの靴でも以前からご紹介している2種類の靴がこのスタイル

にあてはまるのではないでしょうか。


(手前)REGAL TOKYO ORIGINAL【W04R ストレートチップ】
甲革:牛革(仏)
製法:グッドイヤーウエルト式製法
底材:レザーソール + REGAL TOKYOオリジナル耐久ヒール
価格:¥48,600(税込)

(奥)REGAL TOKYO ORIGINAL【W935 ストレートチップ】
甲革:牛革(伊)
製法:グッドイヤーウエルト式製法
底材:レザーソール + REGAL TOKYOオリジナル耐久ヒール
価格:¥41,040(税込)

 

広く聞かれる「ロングノーズ」スタイルの靴に対して「爪先が長く尖っている」や、

「躓いてしまう」というマイナスイメージを多く耳にします。

では今回ご紹介の靴はどういった印象となりますでしょうか。
「爪先が長く尖っている」靴は街中でも見かける機会がございますが、こちらの

【W04R】は爪先の先端部分を「ノミの刃先」のように角度をつけた「チゼルトウ」にする

ことで長さがあまり強調されて見えない印象となります。


「躓いてしまう」原因のひとつにサイズの選び方もございます。【W935】は、

サイズを抑えて選んでいただいても必要な爪先余裕を保ちながら足入れをぴったりと

お選び頂けますので、着用時における「躓き」も少なくする事が出来そうです。

 

【左:W935・右:W04R】
2種類の靴を片足ずつ並べてみました。長さのある靴に間違いはないのですが、

グッドイヤーウエルト式製法による「出し縫い」で底廻りのコバが重厚感をもたらし、

靴全体の長さがおさえられた印象となっています。
REGAL TOKYO ORIGINALの靴ではトラディショナルな印象の靴を多く取り扱って

おりますが、今回ご紹介した2種類の靴は伝統的な製法と時流にあわせたエッセンスを

組み合わせた「現在進行形」と呼ぶに相応しいものになっています。

本格的な靴に挑戦してみたい、一味違った今風の靴も試してみたい、そんなお客様に

ぴったりな2種類の靴をぜひ見にいらして下さい。

 

※定休日のお知らせです。
月曜日が定休日となっております。 1月は、22日、29日が定休日です。
ご来店、ご連絡の際にはご注意頂きますよう、よろしくお願い致します。

 

 

  • REGAL SHOES
  • REGAL CORPORATION

backnumber

rss