『紫』

August 25 2017

皆様、こんにちは。「REGAL TOKYO」の大迫でございます。


REGAL TOKYOへご来店されたお客様や、当ブログをご覧くださっている方にはREGAL TOKYO

の色として「紫」を目にされる機会が多いと思います。

以前のブログで裏の色遣いについて紹介がございましたが、今回はREGAL TOKYOの色とも

言うべき「紫」を取り上げます。

 

まず、この「紫」がどういった所で使用されているかご紹介いたします。

 

店内のブランドオブジェ
REGAL TOKYO ORIGINAL シューズのライニングカラー(一部商品を除く)
REGAL TOKYO ORIGINALシューズの一部商品、REGAL Built to order system(以下BOS)及び

九分仕立てパターンオーダーシューズ(以下九分仕立て)の完成品に付属するシューソックスと

箱の内装
また、REGAL TOKYOで承りますBOSや九分仕立てのライニングカラーやソールステインカラー

のご選択にオリジナルカラーの「パープル」がお選び頂けます。

以前は「REGAL」のブランドカラーである「赤」が中心に使われていましたが、
「REGAL TOKYO」のオリジナルとしてショップカラーを選定するに至り「紫」が選ばれました。

 

「東京」は古く「江戸」と呼ばれ、その中で「江戸紫」という言葉を耳にされた事がある方も多いと

思います。「江戸紫」とは、武蔵野に自生していた「ムラサキソウ」を使って江戸で染めた、「青みを

帯びた紫色」の事で、歌舞伎で有名な「助六」が頭に巻いている鉢巻が「江戸紫」です。


また、そのムラサキソウが、希少価値が高く高価なものだった事から、同じ貴重品として醤油の

事をムラサキといったとも言われています。「紫」は特別な色だったのですね。

こういった背景を考えますと、「TOKYO」の名前がついた「REGAL」の色として「紫」が選ばれた

のは自然な流れだったのかもしれません。
商品のこだわりや店頭でのご案内、このReportのご紹介を通して皆様にとってREGAL TOKYOが

この「紫」同様、特別な存在になっているようでしたら非常に嬉しく思います。

そして、そんな「特別」を実感していただけるイベントが、来月からの恒例となりました「パターン

オーダー会」です。

随時情報を発信して参りますのでぜひ、楽しみにお待ち下さい。

 

それでは、今週も皆様のご来店をお待ちしております。

 

※定休日のお知らせです。
月曜日が定休日となっております。
8月は28日がお休みとなります。9月は4日、11日、25日がお休みでございます。
※なお、9月18日(月・祝)は「Built to order system 秋のパターンオーダー会」の為 通常営業

いたします。
ご来店、ご連絡の際にはご注意頂きますよう、よろしくお願い致します。

 

 

  • REGAL SHOES
  • REGAL CORPORATION

backnumber

rss