いよいよ来週の22日の金曜日に迫ってまいりました「LAST#50SPECIAL」パターンオーダー会ですが、今回は、秋にオーダーしていただいた靴のご紹介第2弾です。
前回ご紹介できなかったデザインをその中からいくつかご紹介していきましょう。

 

1足目は、甲革にフランス製のアニリンカーフを載せ、裏ハトメ仕様にしたプレーントウです。
トウにボリュームのある木型なので何となく我々スタッフの思い込みとして、外ハトメのカジュアルテイストのものを思い浮かべてしまいがちだったのですが、見事にやられました!
カーフに裏ハトメというドレススタイルをアッパーに持ってくることで、普段使いに大いに活躍できる1足に仕上がったのではないでしょうか。
リバースウエルト製法にリッジウェイソールの組み合わせはW558CCで履き心地の良さは実証済みですからね。

 

 

2.JPG2足目は、オーダー会で1番人気のウィングブーツデザインです。
アニリンカーフの黒とスーパーバックスエードの黒とのコンビネーションは、落ち着きのある上品な雰囲気を醸し出すことに成功しています。
画像では確認しにくいのですが、パープルのライニング(裏革)を採用してますので、それに合わせてパープルの紐も今回ご注文いただきました。なかなか憎い演出です。

 

 

3.JPG3足目は、アニリンカーフのダークブラウンとブラウンのコンビネーションで仕立てたウィングブーツです。こちらでは、リバースウエルト製法に革底を配し、更にハーフラバーソールを貼り付けたことで、ドレス風味の中にも重厚感を表現できたのではないでしょうか。
色の組み合わせ方といい、お客様のセンスを見習いたい作品ですね。

 

 

4.JPG4足目は、甲革にスコッチグレインカーフのブラウン色を採用したロングウィングチップです。
こちらも1足目と同じく裏ハトメ仕様でドレスっぽいアッパーになっていますが、ウエルト(細革)をギザ付のストームにしてリッジウェイソールに合わせることで、カントリーのイメージを出すことにも成功していると思います。
他に、底材をハニークレープや革底+ハーフラバーにしてみても、ちょっとしたニュアンスの違いをお楽しみいただける広がりのある靴なのではないかと思います。

 

以上、前々回に続き、「LAST#50SPECIAL」の2012年秋限定受注会から4作品をご紹介しましたが、皆様お楽しみいただけましたでしょうか。
2回にわたり、作品画像の掲載を快く承諾していただきましたお客様ありがとうございました。あらためて御礼申し上げます。

 

今春のオーダー会でも、皆様の色々なプランを是非カタチにしていただいて、おおいに靴を楽しんでいきましょう!


皆様のご来店をお待ちしております。

  • REGAL SHOES
  • REGAL CORPORATION

backnumber

rss