「REGAL TOKYO」では、以前から靴だけでなく革小物も幾つか扱っているのですが、今回は最近入荷したベルトについてご紹介しましょう。

ベルトというと、「靴に色や素材を合わせると決まりますよ!」という事がよく雑誌などに書かれています。ところが、実際にセレクトショップに行ってみても、例えばイタリアの○○ブランドというのは分かりますが、素材は牛革とかスエードといった程度しか分からないことが多く、これってどこの革を使っているのだろう?という疑問や不満は何となく感じていた方もいらしたのではないでしょうか。

当店で云うと、折角「Built to Order System」でアニリンカーフやボックスカーフで靴を作っても、革の色やバックルの色は合っていても、素材感まで合わせることがなかなか出来なかった訳です。
そこで、ベルトメーカーに確認したところ、アノネイ社(仏)の革であれば入手可ということで、早速ブラック、ブラウン、ライトブラウン、ワインの作製を依頼したのです。

 

ベルトに関してもう一つ物足りなさを感じていたのは、サイズ(長さ)の問題です。
通常は5cmピッチで、凡そ75cmから95cm位までサイズ展開しているところが多いようです。そして、5穴の場合には前後5cmに対応できるようになっています。例えば80cm表示のベルトであれば75cmから85cmまで2.5cm毎に穴が開いており、その真ん中が80cmになっているわけです。
ただ、実際には5つ開いているベルトの穴の位置でサイズ調整をしようとしても、5穴の真ん中で必ずしも納まらないということに何となく不満を感じていました。

 

そんな事もあってか、フリーサイズで自分のサイズに合わせて切れるような仕組みのバックルのものも良く見かけられます。これは売り手側からすると、種類を増やすと在庫がサイズ展開分だけ増えるという問題が出てくるので、都合の良いやり方です。
ただ、どうしてもバックルの見映えはもう一つになってしまいがちです。

そこで、一番需要の多いブラックだけは80、83、85、88、90cmの5サイズ展開とし、フリーサイズを合わせて用意することにしました。今後お客様の評判がよければ、他の色も80、85、90cm+フリーサイズの展開に加え、間のサイズも追加して行きたいと考えています。

 

最後に、バックルについて少しだけ。オーソドックスで飽きの来ないものを選びましたが、国産の鋳物製にこだわってみました。大量生産に向く金型性のものと比べると、仕上げに手間がかかるのですが、バックルの内側にまで磨きをかけてもらって、見映えもまずまずに仕上がりました。また、ピンもよく見かける丸ピンではなく、セットピンにすることでガタツキも少なくなる筈です。

 

REGAL TOKYOでは他にコードヴァンのベルトもブラック、ダークブラウンで展開しておりますので、よろしかったら一度ご覧になってみて下さい。

 

 


CORDVANBELT.jpgREGAL TOKYOオリジナルベルト
TB99AB
素材:カーフ(アノネイ社(仏)) 
色 :ブラック、ブラウン、ライトブラウン、ワイン
サイズ:80、85、90cm(ブラックのみ83、88cmもあり)、フリーサイズ(95cm相当対応)
価格:12,600円(税込)
TB99AD
素材:コードヴァン(国産) 
色 :ブラック、ダークブラウン
サイズ:75、80、85、90、95cm
価格:14,700円(税込)

  • REGAL SHOES
  • REGAL CORPORATION

backnumber

rss