まだまだ残暑の厳しい日が続いておりますが、9月に入って一雨毎に暑さも和らいできているような気が致します。


さて、お待たせいたしました! 今回は、『REGAL TOKYO 秋の「パターンオーダーシューズ限定受注会」』の日程が決まりましたので、お知らせいたします。
なお、「SHETLAND FOX」につきましては4月にオープンした日比谷店で9月14日(金)~10月14日(日)の期間で開催いたします。

 

REGAL TOKYOのそれぞれの受注会の日程は以下の通りです。


「Built to Order System」 9月21日(金)~9月30日(日)  <お引渡し予定:2012年12月下旬~>

「REGAL TOKYO ORIGINAL」 10月19日(金)~10月28(日) <お引渡し予定:2013年1月下旬~>

「工房職人の九分仕立て」   11月2日(金)~11月11日(日) <お引渡し予定:2013年2月下旬~>

 

 

まだ、お選びいただける甲革などの詳細が詰め切れておりませんが、今回初めて取り組む「REGAL TOKYO ORIGINAL」について、少しだけお知らせいたしましょう。

 

「REGAL TOKYO ORIGINAL」の中で、オーソドックスなラウンドトウ木型で履き心地が良いとご好評を頂いているシリーズがあります。今回はその木型に注目してのパターンオーダー会を企画してみました。それは、スエードのロングウィングチップやオイルレザーのUチップ等でお馴染みの№50木型です。

 

きっかけは、スエードのロングウィングチップの春夏版を色違い、底材違いなどで作ったところ、「表革やプレーントウなど他のデザインでは出来ないかなぁ?!」というお客様の声からでした。
既にリバースウェルト製法のUチップはありましたので、デザインの追加をしてパターンオーダー会を開催できるのではないか...ということで靴の企画開発担当者と折衝した結果、プレーントウ、サドルシューズ、チャッカブーツ、ウィングブーツの4デザインを加え6デザインでお客様のご要望にお応え出来ることになりました。

 

さらに、リバースウエルト製法の製品が既にありましたので、全てのデザインでグッドイヤーウエルト製法との2種類からお選びいただけることになりました。
実は、製法が違うと製造の準備も倍は必要で、いつも以上の製造関係者の協力なしには実現できないことなのです。つまり、単なるパターンオーダーを超えた「カスタマイズフェア」という事です。


結果、お客様のご要望にお応えしようという熱い気持が製造スタッフと共有できて、とても楽しみなオーダー会になった訳です。

 

ということで、今回のご案内はこの辺りまでとして、素材や底材などの詳細につきましては、追ってサンプル画像などと共にご紹介いたしますので、皆様楽しみにお待ちくださいませ。

  • REGAL SHOES
  • REGAL CORPORATION

backnumber

rss