今回は、「シェットランドフォックス限定受注会」の作品紹介3回目で、「アストリア」からいくつかご紹介しましょう。

 

1足目は、ロングウィングチップのデザイン№3069で甲革にベージュスエードを採用し、底材をダイナイトソールで仕上げたものです。
元々既製品ではコードヴァン仕様だったものを、スエードに代えた事で趣がだいぶ変わったのではないでしょうか。内振りの木型がもたらす履き心地の良さだけでなく、足当たりが柔らかかく、スエードの優しい雰囲気が伝わって、思わず履いてみたくなる一品に仕上がったと思います。

 

 

 

 

 

B×WT3069.JPG

2足目も、ロングウィングチップのデザイン№3069をベースにした、「白」と「黒」のコンビネーションシューズです。
パターンオーダー会だからこそできるこの1足で、これからの季節を大いに楽しんでいただけそうです。世界で1足だけのこの靴の注目度は、かなり高くなる事請け合いです。

 

NAVY3000.JPG

3足目はプレーントウのデザイン№3000で甲革をネイビーカラーのカーフに変え、底を半カラス仕上げにしたものです。
アストリアをお好みの方から、「カーフ使いのものがあれば良いのに...」という声をたまにお伺いしていたのですが、このフレンチカーフでしたら、使い勝手も良く、登場する機会も増えそうですね。

 

WINE3000.JPG

4足目もプレーントウのデザイン№3000で、ワインカラーのカーフを使い、底材にクレープを配したものです。
こちらは、見るからに履き心地の良さそうなフレンチカーフで、底材をクレープにしたことでより一層快適な履き心地になりそうです。底材が違うだけで、雰囲気が結構変わるという良い見本ではないでしょうか。今後のオーダーのご参考にしていただければ幸いです。

 

以上、3回に亘ってご紹介してきました「シェットランドフォックス」のパターンオーダー作品ですが、如何でしたでしょうか。お客様の色々なご要望が少しでも実現できていれば幸いです。
また、今回、画像を掲載することを許可して頂いた皆様ありがとうございました。この場を借りて御礼申し上げますと共に、ご自分だけの1足を大いにお楽しみくださいませ。

 

今後とも少しでも良い企画を皆様にお届けできるよう、スタッフ一同頑張ってまいりますので、よろしくお願い申し上げます。

 

  • REGAL SHOES
  • REGAL CORPORATION

backnumber

rss