今週は、冬のこの時期になると取り上げている「リバースウェルト製法」の靴から新製品をご紹介いたしましょう。「REGAL TOKYO ORIGINAL ニコル」です。
昨年10月に「REGAL TOKYO」が再スタートした際に、既存品の素材や一部の仕様を変更してオリジナル商品をリリースしたのですが、W527という「リバースウェルト製法」の靴もその中にありました。サドルシューズなどで使用したオリジナルのニューアメリカンラストというやや長めのラウンドトウ木型のものです(2010年12月10日掲載)。
それに対して、今年は、オーソドックスなラウンドトウ木型に変更し、同じ素材(クロムエクセル)、底材(リッジウェイソール)で作りこんでみました。実は、この製法と底材の組み合わせは、なかなか良い相性とみえて、熱烈なファンがいらっしゃるのです。一見ハードに見えるリバースウエルト製法とリッジウェイソールのハーモニーがもたらすしなやかな履き心地がたまらなく快適なのだそうです。アッパーの風合いと相まって、その方々には、デザインや色などの違うものを少しずつ買い足していただいています。
 
ラストの違い.jpg 靴の開発に当たってはよくあることなのですが、人気のある商品をコンセプトはそのままに、仕様を(一部)変更して時代性を反映したり、完成度を高めていったりするのです。
今回は、オーソドックスなラウンド木型を採用することで、静かではありますが、小粋な風貌を目指してみました。実際に比較してみると、新作は、レースステイのバランスが変わっただけでなく、トウのボリュームが特徴的なのがお分かり頂けると思います。
先週ご紹介した「ローラ」同様、落ち着いた大人の方に色々なシーンでお履きになっていただければと思います。
なお、今でしたらW527と比較しながらお好みの方をお選びいただくこともできますので、是非一度ご覧ください。

REGAL TOKYO ORIGINAL「NICOLE」
W558(Uチップ):リバースウエルト製法
色:ブラック、ダークブラウン 
価格:¥34,650(税込)

2010年12月10日掲載レポート 
http://www.regaltokyo.jp/blog/2010/12/post-23.html
 
 
 
 
 
 

 

  • REGAL SHOES
  • REGAL CORPORATION

backnumber

rss