こんにちは、工房の田沼です。

今回も、729日のレポートに引き続きホーウィンのコードヴァンブランデーカラーの靴をご紹介いたします。

こちらも前回のチャッカブーツ同様、コードヴァンの素材感を生かしたカジュアル寄りの靴に仕上がりました。

Uチップのバランスや羽根の大きさ、木型のトゥの形などホーウィンの持つ雰囲気を最大限に引き出せる形をお客様と入念に話し合い、模索しました。その結果、お客様にも大変気に入っていただけた、と思っております。

ホーウィン独特の油分を多めに含んだコードヴァンは、これから履き込んだ後のシワの入り方や雰囲気がとても楽しみです。

ところで、「靴のデザイン名の使い分けはどのようにしているのか」とたまに聞かれることがあります。例えば、今回の「Uチップ」とは、U字形の革片(チップ)を甲の切り替えに用いた(外羽根の)デザインという定義ですが、様々な呼び方があるのは皆さんもご存知だと思います。

幾つか例を挙げてみると、エプロンフロントダービー、ノルウィージャンダービー、ノルウィージャンブルーチャー、ブラッチャーモカ等です。

何れもUチップの部分をエプロンに見立てたり、モカシンの1種である事からその起源であるノルウィージャンとし、外羽根を表わす「ダービー」や「ブルーチャー(ブラッチャー)」を組み合わせてその名称としたものです。

どの呼び方でも良いと思いますが、今回のご注文ではアメリカの素材を使ったアメリカの匂いのする靴というのが一つのテーマでしたので、アメリカの影響を受けた日本的言い回しの「Uチップ」を採用してみました。やはり、「ダービー」とつくとイギリス的な感じになりますからね。

靴に関わる言葉では、人名や地名など色々なものがあるので、時々我々も混乱(?)することがあります。でも、そんな時は、企画担当者に尋ねたり、資料室で文献に当たったりして何とか答えを見つけています。

もし皆様も、名称などで何かわからないことがありましたら、遠慮なくお尋ね下さい。

 

  • REGAL SHOES
  • REGAL CORPORATION

backnumber

rss