こんにちは、「REGAL TOKYO」の齊藤です。
8月も半ばを過ぎましたが、暑い季節を皆様いかがお過ごしでしょうか?

「REGAL TOKYO」がある銀座界隈も、肌に突き刺さるような眩しく強い日差しのせいで、汗だくになりながら足早に歩くサラリーマンもいれば、思い思いの涼しげなファッションで銀座を楽しむ方達などさまざまな様子が見られます。そう言えば、浴衣で銀座を楽しもうなんてイベントもありました。
皆様におかれましても、残暑厳しい日が続いておりますので、くれぐれも体調にはお気をつけください。

さて、今回は靴の修理についてお話しようと思います。
「REGAL TOKYO」では去年1年間で500足を上回る修理を承りました。昨今では「エコ」なんて言葉も耳に定着し、身近にあるあらゆるものを末永く大事に使う方が増えてきて、靴も同じように愛着をもって永く履きたいという方が増えているように感じています。
「モノ」に対して特別な思い入れを持つことは素晴らしい事だと思いますし、ましてやそれが我々のご紹介させていただいた靴に向けていただけるのは非常に嬉しいことです。

今回、ぜひここでお話したいのは、「REGAL TOKYO」でご案内している殆どの靴に用いられているグッドイヤーウェルト製法の特徴です。それは、履き馴染むに連れ中底がフットベッドのように履く人の足型に沿って形成されることです。そして、一番良い状態になるのが、ちょうどオールソール(底の張替え)をする頃とも言われています。
いつも新品の真新しい靴で新しいシューズライフを迎えるのも一つの手段ですが、せっかく良い状態になった訳ですから、そのタイミングで一度本底を修理して、慣れ親しんで来た靴と共に第二のシューズライフを迎えるのもよろしいのではないでしょうか?きっとただ快適なだけでなく、もっとたくさんの思いがその靴と積み重なっていくように思うのです。

靴はたくさんのパーツの集合体ですから、底の張替え以外にも、比較的安価なヒール交換、汗などで汚れてしまった中敷の交換、すり減ってしまった踵の裏革の補強など、色々な修理を施すことができます。ですから、私達スタッフは、可能な限りお客様のご要望にお応えするために、店頭でお客様との会話を大事にし、お預かりした靴を一足一足職人に修理してもらっています。
もし、何かお困りのことがあれば、お気軽にお申し付けください。

  • REGAL SHOES
  • REGAL CORPORATION

backnumber

rss