暑い暑いと思っていたら、例年に比べてかなり早くに今年の梅雨は関東地方でも明けてしまいました。こんな時期にはやはり爽やかなネタをご提供しようと、今回はホワイトベースのコンビネーションシューズをご紹介する事にしました。
丁度、「Built to Order System(以下BOSと表示)」春のオーダー会分もほとんどお客様のお手元にお届けできましたので、その中から印象的な2足をご紹介いたしましょう。

まずは、いつも端正なたたずまいのI様にオーダーして頂いたフルブローグです。実はI様にBOSのご注文をいただくのは2足目なのですが、1足目はリラックスしてお履きになるというスリッポンだったので、今回はお渡しの際のフィッティングに少し緊張いたしました。
結果はレングス、ウィズともに申し分なくご満足いただける出来上がりで、担当者としてはホッとしています。
さて、ブラックとホワイトのコンビネーションシューズですが、トウとヒール部のカラーに合わせてステッチをブラックにしたことで、全体に締まりのある仕上がりとなりました。お渡し当日も、ビシッとスーツスタイルでご来店いただいたI様は、この靴をどのようなスタイルでコーディネイトされるのでしょうか?とても楽しみです。

 

 

 

WT×REDサドルシューズ.jpg次にご紹介させていただくのが、サドルシューズです。この画像では分りにくいかもしれませんが、サドル部は光沢の美しいエナメルの赤なのです。
いつも当店にお立ち寄りいただく度に、我々スタッフの目を楽しませていただけるT様のオーダーで、BOSのオーダー会でも我々にハッとした驚きを与えてくださいます。
サドルシューズというと、レンガ色のスポンジソールというのが定番かもしれませんが、濃茶のソールステインを施したレザーソールがトウにスマート感のある木型と相まって、大人のリゾートスタイルを感じさせる1足になりました。
今回も、この靴に合わせて、ジャケットやパンツも考えていらっしゃるとの事でしたので、是非そのスタイルでお立ち寄りいただきたいものです。

今回の2点は、それぞれお洒落上級者の方が、仕様を懲りすぎずにベーシックな中に個性を吹き込んで、その方のスタイルを感じさせるという好例だと思います。
ホワイトベースのコンビネーションシューズで、爽やかに或いは情熱的にこの夏を心地よくお過ごしいただければ、作製に関わった我々と致しましても嬉しい限りです。


 

  • REGAL SHOES
  • REGAL CORPORATION

backnumber

rss