皆さん、こんにちは。5月より「REGAL TOKYO」のスタッフに加わった門脇です。

私の初めての「REGAL TOKYO REPORT」は、先日ご注文頂いたストレートチップのパターンオーダーからヒントを得た内容です。

さて、1年の中で6月と言うと? ・・・・「梅雨!」と連想すると思いますが、ブライダルシーズンでもあります。(なぜ、こんなジメジメした時期にブライダル!なんでしょう?諸説あるようですが、欧米ではとても気候の良い爽やかな時期になるので、6月の花嫁は幸せになれる という事のようです。)
実際、春は、5、6月に、秋は、9、10月になると「結婚式の時に履く靴を探しに・・・」と来店されるお客様が増えるのです。先日も「Built to Order System」(以後BOSと表記)で結婚式に履く靴を作りたいと、素敵なカップルにご来店いただきました。

   「デザインは、ストレートチップ、色は黒ですか」とお伺いすると、「仕事にも使いたいので、他のデザインで考えていた」とのこと。よく、お客様とこのような会話をするのですが、結婚式など正装時、仕事の重要な場面の靴は、一番フォーマル度の高い黒のストレートチップが最適なのです。
  私も、ある時期に冠婚葬祭の機会が増えてきたので、今後必要だと思い、黒のストレートチップを1足購入いたしました。1足持っていると、いざという時に安心ですしね。
  先程のお客様は、なんと、結婚式用の黒のストレートチップと「仕事でお履きになる自分好みの靴」の2足をお作りいただくことになり、ご注文いただきました。T様、本当にありがとうございました。出来上がりまで、もうしばらくお待ち下さいませ。

   それから、このようなオーダー靴は、靴好きの方への記念品(勤続○○年記念、送別品 etc)や彼や家族のプレゼントにするなんて云うのも良いのではないでしょうか? その人だけの1足になる訳ですから、特別な1足になる事は、間違いないですし、その靴をメンテナンス、修理をしながら履いていただければ、愛着のある思い出の1足になると思います。
BOSの詳細については、以前ご紹介しているので、ここでは割愛させていただきます
(http://www.regalshoes.jp/make/でご覧いただけます)が、お値段は、39,900円(税込)~、納期は1か月半ほどです。自分だけの「オンリーワン」の1足をオーダーした後、出来上がりを待つ時間も既成靴と違う楽しみになると思います。
全国のREGAL SHOES40店舗で注文を受け付けていますが、REGAL TOKYOでは革素材、底仕上げやライニングの色が他の店舗では選択出来ない仕様も選べるのです。

  また、REGAL TOKYOでは、春、秋に限定受注会を行ない、この期間のみの仕様で作る事もできます。サンプルも豊富に展示しておりますので、お気軽にお立寄り頂き、貴兄だけのアニバーサリーシューズをご検討してみてはいかがでしょうか。

  • REGAL SHOES
  • REGAL CORPORATION

backnumber

rss