こんにちは、工房の佐々木です。10月末に岩手県にある製甲をメインで行っている工場に行ってきました。盛岡から安比高原を越えていくのですが、その日は初雪でとても寒い日でした。今回の目的は、「工房九分仕立て」の新デザインB905のブローグとピンキングについての打ち合わせです。

フルオーダーでは、ピンキング(ギザ)も親子穴も一山、一穴ずつポンチであけていくため、とても時間も手間もかかるので、オプションになっています。ですから、九分仕立てで新デザインを出す時に、ブローグデザインにすることに私は反対したのですが、でも、どうしてもブローグにしたいという意見が多かったので、何とかきれいに出来る方法はないかと模索しました。

 色々と検討した結果、ピンキングはミシンを使って抜いていく方法に決め、幾つかの試作を経て、工房メンバーも 充分納得できるようなものが出来るようになりました。

親子穴はその方法が使えないので悩んでいたのですが、工場には親子穴をあける機械(パーフォレ―ター)があると聞き、岩手の工場に試作をお願いすることになりました。でも担当の方とも面識もなく、私もどういう機械なのかもわからないままで、なかなか前に進まずもやもやしていたときに、「行っておいで」となり、今回の岩手行となりました。

工場では、担当の方と会って、実際に用意したパーツに親子穴をあけてもらいながら確認作業を進めていきました。一緒に話しながら作業していくと、どういったものがやりにくいかとか、どうしてあると作業がしやすいかなどが見えてきました。作業している中で、担当の方から、「納得いかない」とか「悔しい」という言葉が次々と口を衝いて出てきたのを聞いて、「何とかきれいに作ろう」という気持ちがとても伝わってきました。

私もその機械で練習してみましたが、初めての機械なのでなかなか思い通りにいきませんでした。機械ですから、限界もあるのですが、充分納得できるようなものが出来るようになりました。何とかうまくできる目処が立って、今回のアデレードフルブローグのデザインが作れることになったのですが、今までの工房スタッフ3人だけでなく、色々な方のお力添えでできるようになったこの靴を、一人でも多くの方に履いていただきたいと思っています。

  • REGAL SHOES
  • REGAL CORPORATION

backnumber

rss