こんにちは、工房の田尻です。いつの間にか桜も盛りを過ぎてしまいましたが、お花見は行かれましたか?私は、工房スタッフと一緒に日比谷公園でお花見ランチをしてきました。普段は、地下で製作に勤しんでいるので、たまには青空の下に出て伸び伸びとするのも良いものでした。


  さて、今日は注文靴のサンプルについて少し述べさせてください。


 注文靴(ビスポーク)は目の前にある靴を買うわけではなく、お客様が頭の中で描いている靴をカタチにして差し上げるという作業なのですが、これは本当に難しいことです。


  お客様がなぜビスポークを作ろうと思われたのか、どんなシーンでお履きになるのか、その靴を手に入れることによって何を得たいのか...等、お客様との会話やお会いすることによってインスピレーションを得るわけです。それを元に、作り手が靴に反映させて行くのですが、その時にお客様と作り手の間でイメージを共有する架け橋として「ビスポークサンプル」が大きな役割を果たします。全くモノがないと不安になりますが、だいたいこんな感じと把握できればおたがいに安心できます。私たちはこういうことを考えて提案しています、という思いがカタチになっているのが「ビスポークサンプル」です。作り手側からのラブレターとも言えますね。


 それでは、最近製作したサンプルを1点ご紹介してみましょう。


この靴は藍染めによる牛革のワンピースで、革の自然な風合いを残した仕上げとなっております。藍染めとは「ジャパンブルー」として世界的に知られた青と紫が美しく調和した色ですが、今回使用した藍は阿波(徳島県)のもので、上質の「すくも」を使った藍染用の溶液で何回も染色を繰り返すことによって深みのある色が良く表現されています。使うほどに色の変化が楽しめる面白い素材です。底付けはノルベジェーゼ製法を用い、インパクトを持たせながら手の温かみを残しました。また、シューレースの先端に甲革と共革を巻きつけて、シンプルなデザインながら装飾性を高めてみました。


このサンプルからどんなお客様とイメージを共有できるようになるのか、とても楽しみにしております。


  • REGAL SHOES
  • REGAL CORPORATION

backnumber

rss