先日行われたマスターズ・ゴルフトーナメントでは日本人選手が上位入賞したり、話題の高校生が出場するなど、今『ゴルフ』の人気が加速しています。そんな折、REGAL TOKYOからオーセンティックなスポーツシューズとしてお履きいただけるゴルフシューズが登場いたしました。


 デザインはクラシックな装いに合わせられるサドルシューズです。半敷きには「グリーンオン!」をイメージした穴飾りが施され、デザイナーの遊び心がうかがえます。


ただ、クラシックな装いに合うゴルフシューズといえども、そこはREGAL。こだわるところはこだわっています。


まず「履き心地」。かつてゴルフシューズを製作していた経験を元に、新たに木型を設計し直し、自社工場で製作しました。デザイナーによると、今回、この木型作製に一番気を遣ったそうです。ゴルフ用とドレス用とで気を遣わなければならない大きな違いは、体重のかかり方がゴルフと普段とでは違うということです。ゴルフ用の木型はボールジョイント(足囲)からつま先にかけてゆとりを持たせています。これはクラブを構えた時に体重が前方にかかるため、安定したスイングを行うのに必要なゆとりとなります。逆にボールジョイントからかかとにかけては、フィット感を高めています。木型のみならず、土踏まずのアーチサポートやかかと周りのクッションといった工夫でも左右のブレを抑える効果を高めています。


 

20090424-2.JPG

 その上、『水の浸入』にも配慮したそうです。ゴルフは雨天決行が当たり前ですし、いつ雨が降るかわからない時でも対応できるように、撥水加工された国産レザーを表革に使っています。その他、すくい縫いされたところを特殊な糊でシールド加工し、表革と本底の隙間からの水の侵入を出来る限り抑えられるようにしました。そのような作業は一般のドレスシューズでは施されないそうです。


また、長時間のプレーで必要になってくるクッション性もこだわりの一つです。足当たりを良くするため、中底に低反発性のスポンジを敷き、革で巻いたライニングを使用しました。そして、本底との間には発泡スポンジを挟むなど足への衝撃を抑える工夫を重ねています。


このようにして完成したグッドイヤーウエルト製法によるゴルフシューズは、片足650グラムという重量があり、手で持つと非常に重く感じますが、実際にこの靴を履くとその重さを感じさせません。ゴルフをプレーする時に、靴は非常に重要なアイテムになりますし、履き心地が良くないと気持ち良くプレーが出来ませんからね。


最後に、永く履いていただくために、リペアも出来ることをお伝えいたします。底材はレザーソールを使用し、スパイクのピンが付けられるようになっており、有名なCHAMPの「センチネジ」を使用しています。消耗品なだけにストックが必要になることもありますが、有名なネジなのでゴルフショップで簡単に手に入ります。


今では、ゴルフショップでも見かける機会が少なくなったクラシックなゴルフシューズですが、是非、一度足を入れていただき、履き心地の良さを感じていただきたいと思います。

  • REGAL SHOES
  • REGAL CORPORATION

backnumber

rss