こんにちは、REGAL TOKYOの布施です。

今回はイタリーメイドの新作スウェードチャッカーブーツ(401R)とウィングチップ(400R)のご紹介をいたします。

スウェードはこの秋、私のイチオシ素材です。中でも毛並みの美しい銀つきスウェード素材を使用したこのシリーズは、見た目もソフトですが、履き心地もソフトなんです。因みに「銀つき」とは皮革用語のひとつで、簡単に言うと革の一番表面(銀面)のつるっとした面がある革という事です。銀面を削り取ってしまった価格の安いものと区別する為に、このように業界では呼んでいるようです。銀面があることで、柔らかくても腰のしっかりとした靴に仕上がるのです。

 

また、このシリーズは「アンラインド(ライニングなし)モデル」なので、スウェードの柔らかさを直に足に感じられ、通気性もよいのでシーズンを問わず履いていただけます。最近イタリーメイドでよく見かけるブラック・ラピド(Blake-rapid)製法(甲革、裏革、中底を靴の内部でマッケイ縫いをかけ、さらにコバで本底を出し縫いする製法)で作られているので返りも良く、更なる柔らかな履き心地もお楽しみいただける訳です。




20080912-2.jpg

 ところで、今までREGALのイタリーメイドのシリーズはマッケイ製法が多く、デザインもスタイリッシュでしたが、今秋のモデルはどこかアメリカを感じさせます。イタリア風のスタイリッシュな雰囲気とは一味違うデザインなので、重厚感のあるソールでよりカジュアルに、そしてタフに履いていただけます。

アメリカンなニュアンスとこの製法とのバランスがとてもよくマッチしていると思います。

毛並みが決め手のスウェードは、お手入れも肝心です。スウェードというと汚れやすくお手入れが面倒くさいとお思いの方も多いと思います。しかしビフォアケアをしっかりと施しておけば、意外とスムースレザーよりも手間がかからないのです。こまめなブラッシングでホコリや汚れを落とし、仕上げに撥水スプレーはお忘れなくといったところでしょうか。

REGAL TOKYOでは、他にもスウェード素材を使用したものは、既製靴からパターンオーダーと色々ご用意しておりますので、是非一度ご覧下さい。

  • REGAL SHOES
  • REGAL CORPORATION

backnumber

rss